サイバーショット DSC-RX100M3(RX100 III)

ソニーのサイバーショット DSC-RX100M3(RX100 III)は、2013年7月5日に発売されたDSC-RX100M2(RX100 II)の後継機です。総画素数は約2090万画素で、撮像素子は13.2mm × 8.8mmの1.0型のExmor R 裏面照射型のCMOSセンサーです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズ処理を改善したセンサーです。センサーのアスペクト比は、3対2です。画像処理エンジンは、BIONZ X(ビオンズ エックス)です。画質面では、初代のRX100に比べて、RX100M3は約半分くらいのノイズになっています。レンズの焦点距離は、24mmから70mm相当です。レンズ交換式でよく使われているズームレンズに、28mmから70mm・75mmがあります。RX100M3のレンズは、その28mmをさらに24mmに広角にして、風景や欧州の建築内の撮影にも使える画角にしています。28mmから70mmは特によく使う画角で、RX100M3の24mmから70mmはさらに広角に強くなっているので、多くの被写体で使える画角になっています。

DSC-RX100M3(RX100 III)の実質の焦点距離は、8.8mmから25.7mmです。レンズの明るさは、広角端でF1.8、望遠端でF2.8です。1/2.3型や1/1.7型センサーの機種はF8までしかレンズを絞れないのが定番ですが、1.0型のRX100M3のレンズはF11まで絞れます。7枚羽根円形絞りで、ボケの形にもこだわっています。RX100M3の大きな魅力は、広角端のF1.8の明るさはもちろん、望遠端でもF2.8のレンズの明るさを誇ることです。1.0型とセンサーも大きいので、望遠端の実質の焦点距離の25.7mmでF2.8になります。25.7mmでF2.8の明るさで70mm相当の画角になるので、2/3型センサー以下の機種に比べると、ポートレートで背景をぼかした写真も撮れます。最短撮影距離は、レンズ先端から被写体に広角端で約5cm、望遠端で約30cmまで寄れます。25.7mmのF2.8の明るさで70mmの画角で約30cmまで寄れるのは、レンズ一体型機の中でも背景がぼかせる機種を探している場合に、RX100M3は特にお薦めできます。

DSC-RX100M3(RX100 III)の最大撮影倍率は、0.41倍です。全画素超解像ズームは、5M時に約11倍の264mm相当で、動画では全画素超解像ズームを使用すれば、5.8倍の約140mm相当までズームできます。全画素超解像ズームは、デジタルズームよりも画質の劣化を抑えたズームです。RX100M3の70mm相当の焦点距離が不足していると思っても、全画素超解像ズームを使ったり、後でトリミングして70mm相当以上の焦点距離を補うこともできます。液晶モニターは、アスペクト比が4対3の3.0型の約122.9万ドットで、上に約180度、下に約45度の可動で、自分撮りもできます。液晶モニターは白画素を追加したエクストラファイン液晶で、晴天時にも見えるようにしたWhiteMagic技術を使っています。RXシリーズの液晶モニターは初代から見やすかったですが、RX100M3になってEVFも搭載しました。0.39型の有機ELファインダーのOLED Tru-Finderで、144万ドットです。

DSC-RX100M3(RX100 III)のファインダー倍率は35mm判換算で約0.59倍で、エントリー一眼レフやエントリーマイクロフォーサーズ機のファインダーよりも、倍率が高く迫力があります。EVFなので、小さい筐体でも倍率が高いファインダーが搭載できています。EVFと光学ファインダーのことは、光学ファインダーと電子ビューファインダー 一眼レフの将来に書いています。RX100M3の視度調整は、-4.0 - +3.0mです。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。EVFはアイセンサー付きで、ポップアップ式でボディに収納できます。光学式手ブレ補正機能も内臓で、動画時には5軸のインテリジェントアクティブモードの手ブレ補正機能が使えます。AFでピントを合わせた後に、ピントの微調整ができるダイレクトマニュアルフォーカス機能もあります。フレキシブルスポットのSとMとLで使い分けて、小さな被写体にピント合わせができます。露出補正の補正幅は±3段で、レンズ一体型の高級コンパクト並みです。露出ブラケットもできます。

DSC-RX100M3(RX100 III)のISO感度は、静止画ではISO125からISO12800までで、上限と下限の設定もできます。マルチショットノイズリダクションの重ね合わせ連写を使えば、ISO25600も使えます。マルチショットNRは、実際に撮ってみると、ノイズが減ったのが実感できる写真が撮れます。拡張感度に、ISO80とISO100があります。動画では、ISO125からISO12800まで使えます。レンズ交換式の機種にもあるグリーン、マゼンター、アンバー、ブルーのホワイトバランス微調整機能もあるので、写真表現の幅を広げることができます。ホワイトバランス微調整機能を使えば、いつもの被写体の違った面を引き出すことができるので、使って見るといいです。オート撮影専用機ではないので、マニュアル露出もできます。プレミアムおまかせオート機能もありますが、白や黒の被写体があると露出の正確性に欠けるので、自分で露出補正をして撮影したほうがいいと思います。シャッタースピードの上限は、1/2000秒です。

DSC-RX100M3(RX100 III)はシャッタースピードを1/4秒より遅くするには、ISO3200以下に設定します。RAWとRAW+JPEGでも撮影できます。連写は約10コマ/秒ができますが、1コマ目にピントと露出が固定になります。起動時間は約1.6秒で、撮影タイムラグも0.16秒、撮影間隔は0.6秒です。フラッシュは内臓しています。レンズ部にあるコントロールリングで、設定を変更することができます。24mm、28mm、35mm、50mm、70mm相当の5つの画角に変更できるステップアップズームもあるので、好きな画角に固定して使うこともできます。RX100M3のピクチャーエフェクトの中でも、ソフトハイキーはふんわり明るく撮れて女性のポートレートなどに向いていて、リッチトーンモノクロは印象的なモノクロ写真が撮れるので、使ってみてください。記録メディアはSDカードとメモリースティックで、高速SDメモリーカードのUXシリーズも使えます。色空間のAdobe RGBもあります。

DSC-RX100M3(RX100 III)は、フルHD動画の1920x1080のフレームレートが60pで撮影できます。動画撮影中の光学ズームはできますが、動画撮影中の静止画の同時記録はできません。120pのハイフレームレート撮影もできます。4K/HDフォーマットのXAVCを民生用にしたXAVC Sも使えて、50Mbpsの動画も撮れます。NDフィルター内臓で、シャッタースピードを3段分の1/8まで遅くできるので、日中の晴天時に開放F値で撮りたい場合などに使えます。NDフィルターは、動画撮影時にも使えます。回折低減処理もあって、絞り込んだ時に解像度が低下するのを改善した機能です。水平と垂直に対応した2軸の電子水準器もあります。

近距離無線通信のNFC対応で、Wi-Fi対応でスマホからのリモート操作ができて、Eye-Fiにも対応しています。MR(メモリーリコール)モードもあるので、自分がよく使う設定の登録ができます。ピント面を強調表示するピーキング機能もあります。バッテリーのNP-BX1で、CIPA基準で液晶モニタ使用時は約320枚、ファインダー使用時で約230枚の撮影枚数です。マイクロUSB端子も使えるので、モバイルバッテリーでUSB充電をすることもできます。本体のみで、約263グラムです。筐体はアルミボディで、色はブラックです。別売品に、ジャケットケースのLCJ-RXF、アタッチメントグリップのAG-R2、保護セミハードシートのPCK-LM15もあります。

RX100M4のレビューに、後継機のことを書いています。RX100M3とG1 X Mark IIの違いに、G1 X Mark IIとの違いを書いています。RX100M3とRX100M2の違いに、RX100M2との違いを書いています。RX100M3のテレマクロに、テレマクロのことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク