RX100M2の汎用マイクロUSBバッテリーとAG-R1のグリップ

RX100M2の汎用マイクロUSBバッテリーとAG-R1

前の09のソニー RX100M2(RX100 II) Wi-Fiとカメラ初のNFC機能の記事からの続きです。RX100M2の記事は、この記事を含めて13の記事があります。

前機種のRX100と後継機のRX100M2はバッテリーが同じですが、撮影枚数がRX100M2のほうが20枚増えて350枚になりました。RX100の時と同じで汎用マイクロUSBが使えるので、スマホ用のモバイルバッテリーとバッテリーが共有できるのもRX100M2の強みです。汎用マイクロUSBなら単三電池ほどではないですが、コンビニにモバイルバッテリーがあったら旅先でも充電できるので、専用バッテリーだけの機種よりはバッテリーの安心感がかなりあります。以下に続きます。


スポンサーリンク


RX100M2のグリップ性をもっと高めたいのなら、アタッチメントグリップのAG-R1を使えば、しっかりとグリップすることができます。AG-R1は値段も安いので、RX100M2が滑りやすいと思ったら、AG-R1を使ったほうがいいと思います。RX100M2の液晶保護のセミハードシートのPCK-LM15があります。前機種のRX100の時にはセミハードシートが手に入らないほど売れていた時期があったので、RX100M2のセミハードシートを買うなら買える時期に買っておいたほうがいいと思います。セミハードシートは自動輝度の設定が働くように切り込みがあって、シートの質もいいので、RX100の時に人気でした。

次の11のソニー RX100M2のマルチショットノイズリダクションの記事に続きます。RX100 II DSC-RX100M2 テレマクロ ワイドマクロ レビュー比較に、RX100M2のことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事