ソニー FDA-EV1MKの欠点

FDA-EV1MKの欠点

前の07のソニー RX100M2のFDA-EV1MK ファインダー撮影と撮影意欲の記事からの続きです。RX100M2の記事は、この記事を含めて13の記事があります。

FDA-EV1MKは皮のケースが付いてきてそれは立派にできているのですが、肝心のFDA-EV1MKの本体そのものは安っぽい作りになっているので、それが残念なところです。FDA-EV1MKは電源を入れてすぐに撮影しようとしても、背面液晶のほうが先に反応してその後でFDA-EV1MKが使えるようになっています。そのため、FDA-EV1MKのファインダー撮影は一瞬待たされます。以下に続きます。


スポンサーリンク


RX100M2はチルト液晶とマルチインターフェーシュシューが付いたので、前機種のRX100M2よりも大きくなっています。そこにFDA-EV1MKを付けると、さらにRX100よりも大きくなります。RX100M2はコンパクトでありながら、画質がミラーレス一眼並のところが強みです。FDA-EV1MKを付けるとせっかくのコンパクトさが犠牲になるので、そのコンパクトさを犠牲にしてもFDA-EV1MKを使うかどうかは、結局、RX100M2に何を求めるかで変わってきます。

FDA-EV1MKには、アイキャップが2つ付いてきます。大きいアイキャップは裸眼で覗いて見るのにはいいのですが、眼鏡で見ると画面がケラれてしまいます。眼鏡で見るには、小さいアイキャップに変えてから撮影をすることになります。FDA-EV1MKの視度調整はスライド式でダイヤル式ではなく、調整してもずれることがあるのが欠点になっています。それと、FDA-EV1MKは水平の状態でロックできないところも不便です。

次の09のソニー RX100M2(RX100 II) Wi-Fiとカメラ初のNFC機能の記事に続きます。RX100 II DSC-RX100M2 テレマクロ ワイドマクロ レビュー比較に、RX100M2のことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事