ソニー RX100M2 FDA-EV1MK EVFで日中の晴天時の撮影

RX100M2 FDA-EV1MK EVFで日中の晴天時

前の05のソニー RX100M2(RX100 II)の記事からの続きです。RX100M2の記事は、この記事を含めて13の記事があります。

前機種のRX100との違いは、後継機のRX100M2にはマルチインターフェースシューが付いたことです。これは使う必要がないのならいらないものでもありますが、特にファインダーを付けられることになったことが前機種との違いです。RX100M2に付けられるのは、FDA-EV1MKのEVFの電子ビューファインダーです。EVFのFDA-EV1MKは、ソニーのデジタル一眼の最上位機のα99と、ミラーレス一眼の最上位機のNEX-7のEVFと仕様上は同じスペックになっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


約235万ドットで視野率が100%、倍率が35mm換算で約0.71倍で有機ELファインダーのFDA-EV1MKは、α99と仕様上は同じなのです。前機種のRX100も見やすかったですが、RX100M2の液晶モニターもとても見やすいです。約122.9万ドットのエクストラファイン液晶に白画素を追加したWhiteMagicの液晶モニターは、デジタル一眼の液晶モニターも含めて、最高クラスのモニターの見やすさです。

同じソニーのWX300と比べても、RX100M2の液晶モニターの見やすさが分かります。ただ、それでも、日中の晴天時の日差しが照り続ける中での撮影では、RX100M2の背面液晶でも見にくくなります。最高に見やすいRX100M2でもそうなので、これはもう背面液晶モニターの宿命と言ってもいいと思います。

次の07のソニー RX100M2のFDA-EV1MK ファインダー撮影と撮影意欲の記事に続きます。RX100 II DSC-RX100M2 テレマクロ ワイドマクロ レビュー比較に、RX100M2のことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事