Sony DSC-W810 レビュー 比較と評価

サイバーショット DSC-W810

ソニーのサイバーショット DSC-W810は、総画素数が約2040万画素です。センサーは、1/2.3型のSuper HAD CCDです。ソニーの裏面照射型CMOSは高感度時のノイズが少ないセンサーですが、W810はエントリー機なので、裏面照射型が搭載されていません。以下に続きます。


スポンサーリンク


ソニーの画像エンジンのBIONZ X(ビオンズ エックス)が処理速度も高速になっていますが、このBIONZ Xもエントリー機のW810には搭載されていません。DSC-W810のレンズの焦点距離は26mmから156mmで、実質の焦点距離は4.6mmから27.6mmです。

DSC-W810のレンズの明るさの開放F値は、広角端でF3.5で、望遠端でF6.5です。マクロ撮影は、レンズ先端から広角端で、被写体に約5cmまで寄れます。ソニー機の特徴の全画素超解像ズームも、W810にはありません。

DSC-W810の液晶モニターは2.7型でアスペクト比は4:3で、約23万ドットです。約23万ドットは、最新のデジカメの液晶モニターとしてはドット数が最も少ないです。手ブレ補正機能は光学式ではなく、電子式です。

DSC-W810の露出補正の幅は±2で、エントリーコンデジ並みです。ISO感度は静止画でISO100からISO3200までで、それ以上の連写と全画素超解像を使ってISO12800まで可能な機能はありません。

DSC-W810は、動画ではISO100からISO800相当まで使えます。シャッタースピードを1/4より遅くする時には、ISO感度を3200以下で使います。動画は1280x720でフレームレートは30fpsで、フルHD動画は撮れません。他のソニー機では、フルHD動画が撮れるのは当たり前になっています。

DSC-W810エントリー機ですが、動画撮影中の光学ズームはできます。シャッタースピードの上限は、1/1500秒です。オート機なので、レンズの絞り優先、シャッター優先、マニュアル露出はできません。

DSC-W810はオート機ですが、ソニーのオート機の特徴のプログラムおまかせオート機能も削られています。連写は約0.52コマ/秒で、最大100枚まで連写できます。カメラを振ってパノラマ機能のスイングパノラマはあります。

DSC-W810はピクチャーエフェクトのソフトハイキーはあるので、女性のポートレートに使えます。ビューティーエフェクト機能も、女性のポートレートに使える機能です。

DSC-W810は、、内蔵メモリーの約29MBがあります。Eye-Fiには、対応しています。Wi-Fi機能がないので、スマホからのリモート操作ができません。近距離無線通信のNFC機能もありません。

DSC-W810は、GPSログ機能もありません。NP-BNのバッテリーで、CIPA基準で約200枚の撮影ができます。本体のみで、約111グラムです。ピンク、シルバー、ブラックの3色があります。

DSC-W810は、他の同じソニーのコンデジよりも機能が省略されていますが、その分の値段が安くなっています。価格を抑えてサブカメラに使いたいとか、安く気軽に使いたい時に使えます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事