SONY DSC-RX10M3 レビュー 比較と評価

DSC-RX10M3

ソニーのサイバーショットのDSC-RX10M3は、2013年7月5日に発売されたDSC-RX10M2の新モデルです。RX10M3の有効画素数は約2010万画素で、画像処理エンジンはBIONZ Xです。センサーは1.0型の13.2mmx8.8mmの積層型Exmor RS CMOSです。この積層型は裏面照射型で、メモリー一体型です。この積層型になったことで、CMOSの読み出し速度が上がっています。アスペクト比は3対2です。レンズの焦点距離は、広角端で24mmから望遠端で600mm相当で、実質の焦点距離は8.8mmから220mmです。開放F値は広角端でF2.4、望遠端はF4.0です。マクロ性能は、レンズの先端から被写体まで広角端で約3cm、望遠端で約72cmです。以下に続きます。


スポンサーリンク


広角端での撮影倍率は0.42倍、望遠端での撮影倍率は0.49倍です。虹彩絞りは9枚で、F2.4からF11のレンズの絞り値の形状は円形に近いです。レンズの絞り値は、センサーは1型ですが、F16まで絞れます。レンズのMTF曲線では、解像度は広角端も望遠端でも画面周辺まで良好で、コントラストは望遠端に行くほど落ちてはいますが、広角端でコントラストが落ちています。フィルター径は72mmです。手ブレ補正は光学式で、望遠端の600mm相当時に、CIPA基準で4.5段の補正効果があります。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。

動画撮影時には光学式と電子式の併用です。EVFは0.39型の約236万画素で、倍率は35mm判換算で約0.70倍です。視度調整の範囲は、-4.0から+3.0です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調製のことを書いています。アイポイントは、接眼枠から約21.5mmです。液晶モニターは4対3の3.0型の約123万画素で、上に約107度、下に約42度に動かせます。電子水準器もあります。カメラ本体の上部には、設定確認ができる表示パネルがあります。ISO感度はISO100からISO12800まで使えて、拡張ISO感度にISO64とISO80があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

連写合成でノイズを減らせるマルチショットNRでは、ISO25600が使えます。シャッタースピードの上限は、メカシャッターでは30秒から1/2000秒まで使えますが、レンズの開放時の上限は1/1000秒の制限があります。電子シャッターでは30秒から1/32000秒まで使えて、電子シャッター時の動体歪みを抑えるアンチディストーションシャッターがあります。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、そのシャッタースピードの制限と電子シャッターのことも書いています。記録メディアには、SDマイクロ・SDカード系、メモリースティックマイクロ・メモリースティック系があります。

連写性能は、AF追従で5コマ/秒、追従でなければ約14コマ/秒です。AFの測距点数は25点で、精度に優れたコントラストAFに、速度を高めたファストインテリジェントAFがあります。瞳AFもあります。露出補正の補正幅は±3.0EVで、1/3EVステップで補正できます。動画性能は、全画素読み出しでの4K記録ができて、XAVC S 4Kの3840x2160の30pで、100Mのビットレートで撮影できます。動画撮影中に静止画記録もできて、16対9の約1700万画素で記録できますが、4K撮影と60pと120pの設定時は記録できません。撮影した動画から、静止画の切り出しもできます。960fpsと24pで40倍のスローモーション動画撮影もできますが、音声記録はできません。

動画はXAVC S、AVCHD、MP4で記録できて、動画の音声はXAVC SはLPCM 2ch、AVCHDはAC-3 2ch、MP4はMPEG-4 AAC-LC 2chです。S-GamutとS-Log2ガンマ、HDMI同時出力もできます。フルHD動画を撮影中にMP4動画を同時記録できて、露出確認のゼブラ機能もあります。マイク端子とヘッドホン端子もあります。レンズ部分に、ズーム、フォーカス、絞りの3つのリングがあります。レンズの横には、ボタンを押している間はピント面の位置固定ができるフォーカスホールドボタンもあります。ホワイトバランス微調整設定は、A-B方向のステップ幅がRX10 IIの2倍で、G-M方向のステップ幅は4倍に設定できます。

サイレント撮影もできます。ピント面の輪郭を強調できるピーキング機能もあって、MFアシスト機能で、被写体を5.3倍と10.7倍に拡大できます。RAW+JPEG撮影もできます。色空間は、 sRGBとAdobe RGBもあります。ポップアップ式の内臓フラッシュがあります。Wi-Fiと、近距離無線通信のNFCがあります。Eye-Fiにも対応しています。RX10M3のボディは、防塵と防滴に配慮しています。マルチインターフェースシューがあるので、HVL-F43Mと、XLRアダプターキットのXLR-K2Mも使えます。RX10M3には、NDフィルターは内臓していません。バッテリーのNP-FW50で、静止画撮影のCIPA基準で、モニターで約420枚、EVFで約370枚の撮影枚数です。

実動画撮影時間は、CIPA基準で、モニターで約65分、EVFで約70分です。RX10M3はUSB充電に加えて給電機能もあって、モバイルバッテリーでも給電できます。DSC-RX10M3の本体のみの重さは、約1051gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事