α7Sとα7の違いと比較

α7S ILCE-7Sとα7 ILCE-7

ソニーのα7S ILCE-7Sとα7 ILCE-7の購入の参考にもなるように、両機種の比較と違いについて書いています。α7Sは総画素数は約1240万画素で、α7の総画素数は約2470万画素です。α7はα7Sの約2倍の画素数です。両機種とも35mmフルサイズなので、画素数が少ないとそのまま受光面積に反映します。α7Sの半分の画素数で、α7Sはα7よりも高感度に強くダイナミックレンジも拡大しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画素数を抑えて受光面積が大きくなると高感度撮影に有利なことがよく強調されますが、低感度時の撮影でも明暗差に強くなるのも魅力です。画素数が多いα7のほうが、α7Sよりも画素数が必要な風景撮影に適しています。α7Sには4K/HDフォーマットのXAVCを拡張したXAVC S動画がありますが、α7にはありません。

α7は、位相差AFとコントラストAFも使えるファストハイブリッドAFです。α7SはコントラストAFのみで、位相差AFは使えません。位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れます。α7Sには位相差AFがないですが、コントラストAFの速度を高めたファストインテリジェントAFがあります。

α7は位相差AFで117点の測距点があって、α7SはコントラストAFで25点の測距点です。α7SのAFの検出輝度の範囲はEV-4から20 (ISO100相当、F2.0レンズ使用)で、α7のAFの検出輝度の範囲はEV0から20 (ISO100相当、F2.8レンズ使用)です。α7Sには、瞳にAFを合わせることができる瞳AFの機能があります。

α7SのISO感度はISO100からISO102400で、拡張ISO感度にISO50、ISO64、ISO80、ISO409600があります。α7のISO感度はISO100からISO25600で、拡張ISO感度にISO50があります。α7Sはα7より画素数が約半分なので、高感度にかなり強くなっているのはISO409600まであることからも分かります。

α7は、連写合成でノイズを少なくするマルチショットノイズリダクションを使えば、ISO51200まで使えます。α7Sは連写での連続撮影で、RAWで61枚まで連写できますが、α7は、RAWで30枚までの連続撮影枚数です。α7Sもα7もバッテリーはNP-FW50で同じですが、α7Sはファインダー使用時には約320枚、 液晶モニター使用時には約380枚の撮影枚数です。

α7はファインダー使用時には約270枚、液晶モニター使用時には約340枚の撮影枚数で、同じバッテリーでもα7Sのほうが撮影できます。α7Sは本体のみで約446g、α7は本体のみで約416gです。

Sony α7Sのレビューと比較ソニー α7Rのレビューと比較ソニー α7のレビューと比較、に、α7Sとα7Rとα7の記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事