ソニー α6500 レビュー 比較と評価

α6500

ソニーのα6500は、2016年3月11日に発売されたα6300の後継機です。α6500の有効画素数は約2420万画素で、APS-C相当のセンサーに画像処理エンジンはBIONZ Xです。EVFは0.39型の約235万ドットで、倍率は35mm判換算で約0.7倍です。以下に続きます。


スポンサーリンク


視度調整の範囲は、-4.0から3.0です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。アイポイントは接眼枠から約21.4mmです。ファインダーのフレームレートが、60fpsと120fpsから選べます。モニターは3.0型の約92万ドットで、上に約90度、下に約45度に動かせます。

タッチフォーカスが使えます。ファインダーを覗きながらタッチ操作ができるタッチパッド機能もあります。水平と上下に対応したデジタル水準器もあります。ISO感度は、静止画でISO100からISO25600まで使えて、拡張感度にISO51200があります。

動画では、ISO100からISO25600相当まで使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。シャッタースピードの上限は、1/4000秒です。記録メディアは、メモリースティック系とメモリースティックマイクロ系、SDカードとマイクロSDカード系が使えます。

連写性能は、AFとAE追従で約11コマ/秒、ライブビューではAFとAE追従で約8コマ/秒です。307枚までの連続撮影ができます。サイレント撮影では、AFとAE追従で約3コマ/秒です。AF性能は、像面位相差AFの425点と、コントラストAFの169点が使えるファストハイブリッドAFです。

位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れています。動画撮影でも、ファストハイブリッドAFが使えます。Aマウントレンズでも、像面位相差AFに対応しています。AF-Cでも、瞳AFが使えます。露出補正の補正幅は±5段で、1/3と1/2刻みで補正できます。

自分の好みの適正露出値に、±1段で1/6刻みで設定できる機能もあります。動画性能は、XAVC Sの4Kの30p、100Mbpsで撮影できます。6Kから4Kへのリサイズで、動画撮影できます。XAVC SとAVCHDとMP4の全てで、MPEG-4 AVC/H.264です。

音声は、XAVC SがLPCM 2ch、AVCHDがAC-3 2ch、MP4がMPEG-4 AAC-LC 2chです。S-Log3とS-Log2ガンマに対応して、色域はS-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineにも対応しています。ゼブラ機能もあります。

4K動画から約800万画素、フルHD動画から約200万画素の静止画の切り出しができます。4Kフォトとは 静止画連写との違いと動画写真が台頭する?に、4Kフォトのことを書いています。HDMI同時出力もできます。

1280×720の30pのMP4を同時記録できる同時ビデオ記録の機能もあります。マイク端子はありますが、ヘッドホン端子はないです。ピント面の輪郭を色で強調できるピーキング機能があって、Aマウントレンズでも使えます。

手ブレ補正はセンサーシフト式の5軸補正で、補正効果はCIPA基準で5.0段です。α6500の大きな特徴は、この手ブレ補正が内臓にになって使えることです。動画でも手ブレ補正が使えます。手ブレ補正の効果は、静止画の撮影中に確認できます。

フレキシブルスポットと拡張フレキシブルスポットで、スポット測光と測距点の連動ができるようになっています。測距点のサイズは、スポットの標準と大から選べます。AFの検出輝度範囲は、EV-1から20です。露出制御の測光方式は、1200分割です。

フラッシュ同調速度は1/160秒で、内臓フラッシュのガイドナンバーは、ISO100で6です。ボディのトップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーにマグネシウム合金です。シャッターは約20万回まで耐久性があります。

防塵と防滴に配慮したボディになっています。Wi-Fiと近距離無線通信のNFCがあって、GPSは内臓していません。バッテリーのNP-FW50で、CIPA基準で、静止画でファインダーで約310枚、モニターで約350枚の撮影枚数です。

USB給電でも使えます。α6500の本体のみの重さは、約410gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事