ソニー α6300 レビュー 比較と評価

SONY α6300

ソニーのα6300 ILCE-6300は、2014年3月14日に発売されたα6000の上位機です。α6300の総画素数は約2500万画素で、センサーはAPS-C相当の23.5 x 15.6mmで、画像処理エンジンはBIONZ Xです。光学ローパスフィルターはあります。EVFは0.39型の約236万ドットで、ファインダーの倍率は約1.07倍で35mm判換算では約0.70倍です。視度調整の範囲は-4.0-+3.0です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。アイポイントはCIPA基準で、接眼枠から約21.4mmです。以下に続きます。


スポンサーリンク


120fpsのフレームレートで表示できる機能がありますが、60fpsとの切り替えもできます。液晶モニターは3.0型の約92万ドットで、上に約90度、下に約45度に動かせます。タッチパネルには対応していません。ISO感度は、静止画撮影ではISO100からISO25600まで使えて、拡張感度はISO51200です。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。連写合成してノイズを減らすマルチショットNRでも、ISO51200まで使えます。

動画撮影では、ISO100からISO25600相当までです。シャッタースピードは、静止画では1/4000秒から30秒まで設定できて、バルブ撮影もできて、動画撮影時では1/4000秒から1/4秒で、AUTOでは1/60秒まで、オートスローシャッターでは1/30秒までです。記録メディアはSDカード系、メモリースティック系、microSDも使えます。連写性能は、秒間コマ数は、AFとAE追従で約11コマ/秒です。連続撮影枚数は約11コマ/秒時に、JPEG Lのファインで47枚、RAWで21枚、RAW+JPEGでも21枚です。

EVFの表示速度が向上していて、最高で8コマ/秒までの映像表示に対応しているので、今までよりも連写時のEVFで被写体を追えるようになっています。サイレント撮影では、AFとAE追従で約3コマ/秒の連写ができます。AF性能は、位相差AFとコントラストAFが使えるファストハイブリッドAFです。コントラストAFは精度に優れて、位相差AFは速度に優れています。位相差AFでの測距点数は425点、コントラストAFでは169点です。

α6300の位相差AFはセンサーに組み込んでいる像面位相差AFですが、その位相差AFは画面の最端を除いて全体に広がっているので、被写体捕捉性能が上がっています。LA-EA3を使ってAマウントレンズを装着しても、像面位相差AFが使えます。露出補正の補正幅は±5.0EVで、1/3EVと1/2EVの間隔で補正できます。動画性能は、XAVC S 4Kの3840x2160の30pで、100Mビットレートで撮影できます。動画のファイル形式はXAVC S、AVCHD、MP4で、動画の映像は MPEG-4 AVC/H.264です。

動画の音声はXAVC SがLPCM 2ch、AVCHDがAC-3 2ch、MP4がMPEG-4 AAC-LC 2chです。HDMI同時出力もできます。動画でもファストハイブリッドAFに対応しているので、像面位相差AFが使えて、動画撮影時のAF速度も増しています。動画撮影の設定に、AF追従感度と、AF駆動速度があります。フルHDの120fpsのハイフレームレート撮影の100Mbpsでも撮影できます。スローモーション動画の5倍で、AF追従で撮影もできます。

α6300の動画撮影にはS-Log3とS-Log2ガンマがあって、色域にはS-Gamut3とS-Gamut3.Cineがあります。白飛びを抑えるゼブラ機能には、カスタム1と2の設定項目が増えています。S-Logでの撮影時にはガンマ表示アシスト機能があるので、低コントラストで撮影しにくいマイナス面を防ぐことができます。α6300のS-Logでは、ISO800以上で設定できます。同時ビデオ機能もあって、XAVC SとAVCHDで撮影時に、MP4の1280×720の30pと24pの同時記録ができます。

マイク端子があって、内蔵ステレオマイクとモノラルスピーカーもあります。ヘッドホン端子はないです。ピントを拡大した後から、AFでピント合わせもできます。そのピント面を合わせた後でも、拡大表示することもできます。拡張フレキシブルスポットで、周辺の8点の測距点で被写体を追ってくれる機能もあります。瞳AFでは、AF追従にも対応しています。ピント面を色で強調できるピーキング機能もあります。α6300は手ブレ補正はボディ内臓ではなく、レンズ式です。

14bitRAW記録はできますが、非圧縮RAWはないです。AFの検出輝度範囲は、ISO100相当でF2.0のレンズでEV-1から20です。露出制御の測光方式は、1200分割です。ISO100でガイドナンバー6の内臓フラッシュがあります。ボディはマグネシウム合金で、防塵と防滴に配慮した筐体になっています。Wi-Fiと、近距離無線通信のNFCもあります。バッテリーのNP-FW50で、CIPA基準で、ファインダーで約350枚、液晶モニターで約400枚の撮影枚数です。

実動画撮影時間は、CIPA基準で、ファインダーで約70分、液晶モニターで約75分です。USB充電と給電にも対応しています。α6300はモバイルバッテリーで給電しながら撮影もできます。できるだけ画質を劣化させない全画素超解像ズームでは、約2倍まで使えます。α6300の本体のみの重さは、約361gです。α6300には、E PZ 16-50mm F3.5-5.6が付属のレンズキットがあります。α6300は静止画の撮影機能も向上していますが、このコンパクトなボディで動画機能の向上も目立ちます。静止画はもちろん、動画の機能も重視して、コンパクトに持ち歩きたいなら、α6300は十分に購入の選択肢になる機種になっています。

α6500のレビューに、後継機のことを書いています。

X-T2とα6300の違いに、違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事