ソニー α58 SLT-A58 レビュー 比較と評価

ソニーのα58

前機種のα57の後継機に当たるソニーのα58は、α57よりスペックダウンした機能もあります。α57は0.46型の電子ビューファインダーでしたが、α58は0.39型と小さくなりました。実際に見てみると、α58のEVFはα57よりも迫力がなくなっています。EVFは光学ファインダーより視度調整の範囲が広いので、眼鏡利用者でも裸眼で見える人が増えています(眼鏡利用者と一眼レフのファインダー)。以下に続きます。


スポンサーリンク


そのため、EVFは標準の物理的にはα57くらいに大きくして、眼鏡常用者のためにEVFの倍率を電子的に下げられるようにしたほうがいいと思います。α58になって有機ELのEVFになったので、α57よりEVFの色調がよくなったことがあります。一眼レフの光学ファインダーはエントリー機では迫力がなく小さく見にくいので、EVFのほうが見やすいです。

ソニーのα58は、2.7型で約46万ドットの背面液晶になりました。α57の背面液晶は、3型で約92万ドットでした。α57はバリアングルで横に可動できる液晶モニターではなく制限がありましたが、α58になってさらに液晶モニターが動かせなくなりました。α58は上下に動かせるのみの液晶モニターです。α58のこの液晶モニターは、α57よりも明らかにスペックダウンしました。α58の液晶モニターはα58のように裏返しにして収納できないので、液晶モニターの保護やEVFで見る時の液晶モニターの汚れが気になります。

α57はCIPA基準でファインダー使用時で約550枚、液晶モニター使用時で約590枚のバッテリーの撮影枚数でした。ソニーのα58は、CIPA基準でファインダー使用時で約690枚、液晶モニター使用時で約700枚のバッテリーの持ちです。α58になって、α57より100枚以上もバッテリーが持つようになりました。α58もα57も、同じリチャージャブルバッテリーパック NP-FM500Hです。α58になってEVFが小さくなって液晶モニターのドット数も少なくなったので、バッテリーが持つようになったことがあります。

α58のEVFと液晶モニターで十分であるのなら、α58は700枚も撮影枚数が撮れるので、安心した撮影ができます。EVFと液晶モニターなのにα58ほどバッテリーが持てば、光学ファインダーのバッテリーの持ちが長い利点もなくなってきています。一眼レフの光学ファインダーは光学ファインダーではバッテリーの持ちが良くても、液晶モニターのライブビューではコンデジのコンパクト機並にしかバッテリーが持たなくなります。

α57との違いは、ソニーのα58は露出補正とZOOMボタンの位置が入れ替わっています。α58は露出補正がAELの右隣に、ZOOMボタンがISOボタンの左隣に来ました。α57で露出補正をする時には人差し指でする必要があったのが、親指で露出補正が簡単にできるようになりました。ZOOMボタンはα57より使いにくくなりましたが、露出補正のほうが使うので、この面で操作系はα57より改善されました。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事