α5100とα5000の違いと比較

α5100とα5000

ソニーのα5100と、α5000の主な違いと比較を書いています。α5100の総画素数は約2470万画素で、α5000の総画素数は約2040万画素で、α5100のほうが約400万画素ほど画素数が増えています。撮像素子はどちらもAPS-Cサイズ相当で、どちらもEVFのファインダーがないのも同じです。液晶モニターは、α5100が3.0型の92万1600ドットで、α5000は3.0型の約46万ドットで、α5100のほうがモニターの精細度が向上しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


α5100もα5000もモニターを上に約180度に傾けて自分撮りできるのは同じですが、α5100はタッチパネル式のモニターですが、α5000はタッチパネルではありません。ISO感度は、α5100は静止画でISO100からISO25600で動画でISO100からISO12800相当ですが、α5000は静止画でISO100からISO16000で動画でISO100からISO6400相当です。

α5100もα5000も撮像素子がAPS-C相当と同じで、α5100のほうが画素数が増えているのに、α5100はα5000より高感度域の撮影範囲が広がっています。α5100とα5000はシャッタースピードの上限が1/4000秒、フラッシュの同調速度が1/160秒で、どちらも同じです。どちらの機種も、SDカードとメモリーカードの記録メディアです。

連写の秒間コマ数は、α5100はAFとAFが追従して約6コマ/秒までできますが、α5000は約3.5コマ/秒までです。AF性能はα5100は像面位相差AFがあるので、位相差AFとコントラストAFの両方が使えるファストハイブリッドAFですが、α5000はコントラストAFしか使えません。AFの測距点数にも、違いがあります。

α51000は位相差AFで179点の測距点数でコントラストAFでは25点ですが、α5000はコントラストAFの25点しかありません。位相差AFは速度に優れるAFでα5100のほうが測距点数が多く、しかも、α5100のほうが連写の秒間コマ数にも優れているので、動体撮影にはα5000よりα5100のほうがかなり優れています。

露出制御の測光方式はどちらの機種も1200分割で、露出補正の補正幅が±3段であるのも同じです。動画性能は、α5100にはXAVC S形式があるのが、α5000との違いです。α5100は、MP4動画の同時記録、AF駆動速度とAF追従感度の動画での調整機能もあります。α5100のAFの検出輝度範囲はEV-1-20でα5000はEV0-20なので、α5100のほうが暗所でのAF性能が勝っています。

バッテリーはα5100もα5000もNP-FW50で同じですが、α5100はCIPA基準で約400枚の撮影枚数で、α5000はCIPA基準で約420枚です。今まで見てきた比較ではα5100のほうが優れていることばかりでしたが、バッテリーの持ちはα5000のほうが優れています。本体のみの重さは、α5100が約224gでα5000は約210gで、α5100のほうが約14gだけ重くなっています。

α5100のレビューと比較α5000のレビューと比較に、α5100とα5000の記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事