α7Rとα7の違いと比較

α7Rとα7

ここでは、α7Rとα7の違いと比較について書いています。

ソニーのα7Rとα7は、どちらもミラーレス一眼の35mmフルサイズ機です。α7Rはローパスフィルターレス機ですが、α7はローパスフィルター機です。α7Rは総画素数が約3680万画素で、α7の総画素数は約2470万画素です。α7Rのほうが値段が高く、α7は初のミラーレス一眼のフルサイズ機にしては、値段が安いです。こう見ていくと価格面からもα7Rのほうが上級機に見えますが、そうでもありません。α7RはコントラストAFしかありませんが、α7にはコントラストAFと位相差AFがあります。α7RのコントラストAFの測距点数は25点ですが、α7の35mmフルサイズ時の測距点数は117点もあります。α7のほうが位相差AFでα7RよりもAF速度で勝り、α7RよりもAF測距点数でも勝っています。コントラストAFは精度に勝って位相差AFは速度で勝っていますが、α7はそのどちらともあって、α7Rは高精度のコントラストAFしかないのです。これを見ても、α7Rのほうが優れているとは言えません。以下に続きます。


スポンサーリンク


他にも、α7にはα7Rにはない電子先幕シャッターがあります。α7Rのフラッシュ同調速度は1/160秒ですが、α7のフラッシュ同調速度は1/250秒です。ここまで見ていくとα7のほうが優れているところが多いように思えますが、マグネシウム合金のボディが違います。α7Rはフロントカバーもマグネシウム合金ですが、α7はフロントカバーはプラスチックです。こういうところに、α7Rとα7の価格差が出ています。α7は画素数が少ないのでSサイズで約600万画素ですが、α7RはSサイズでも約900万画素もあります。α7Rで35mmフルサイズ時に最も画素数を少なくしても900万画素もあるので、普段の家の中でのメモ的な写真にも900万画素も画素数が必要です。α7Rはメモ的にも写真が撮りたいという時には、向かない機種です。

α7Rはローパスフィルターレスと画素数の多さ、それにコントラストAFで速度より精度ということから、風景撮影などの静物撮影ではα7Rのほうがお薦めになります。風景撮影などの解像度重視の被写体が多いのなら、α7よりもα7Rになります。α7はα7Rより価格が抑えられていても、決して劣っていることもなく、優れいてるところもあります。ソニーがα7を単にα7Rの下位機種と明確に分かるように機能の差を付けなかったところに、価格が安くても性能を重視する姿勢があらわれています。α7の性能があれば、ハイエンドユーザー層でも満足できる機能です。α7Rかα7かを決めるのは、結局は、どういう被写体を撮ってどういう写真を撮りたいのかという撮影スタイルによって決まってきます。

ソニー α7Rのレビューと比較ソニー α7のレビューと比較に、α7Rとα7のことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事