カメラのシャッタースピード表示の不思議

カメラのシャッタースピード表示

前の01のレンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはの記事からの続きです。

カメラのシャッタースピードの表示を見ていると、普通に考えてみると、不思議な表示をしています。シャッター速度の一段ごとの目盛りが、1、1/2、1/4、1/8、1/15、1/30、1/60、1/125、1/250、1/500、1/1000となっています(レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割)。この表示は、JIS B7091、ISO516の規格で決まっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


1/8秒の半分なら正確には1/16秒ですし、その1/16秒の半分なら1/32秒になります。ですが、実際のシャッタースピードの目盛りは、その正確さにはなっていません。正確な基準値では、1/32、1/64、1/128、1/256、1/512、1/1024となります。実際にカメラを使う時には、カメラ固有の目盛値で正確な基準値にするとややこしくなります。

カメラの撮影では一瞬のシャッターチャンスが必要なので、その瞬時の判断で寸分の迷いもなくシャッターを切るためには、余計な迷いを捨てないといけません。規格の表示のほうが、迷いがなく使える表記になっています。

他にも、カメラのシャッタースピードの慣用表記があります。カメラのボディ上部の天面にあるシャッタースピードダイヤルの表記は、1、2、4、8、15、30、60、125、250、500、1000となっています。これは、そのカメラを使うと30は1/30秒のことと分かって、30が30秒を指すことではないのは分かります。ただ、シャッタースピードの目盛値と同様で、使用上は問題なく使えるけれど、何でそうなっているのか疑問に思うカメラ業界表記があります。

シャッタースピードダイヤルの表記は、通常、シャッターを切る時には1秒よりも速いシャッタースピードを使うので、8や15とダイヤルに書いてあるのは、1/8秒や1/15秒のことです。8秒の場合には8"、15秒の場合には15"と表記します。目盛値とダイヤル表記の2つを見ても、カメラは数字上の正しさよりも、実際に使う用途のほうを優先しています。

レンズの絞り値のF値の配列と光の量に、レンズの絞り値のことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事