自撮りの画質はスマホよりコンデジが優れる

スマホとコンデジの自撮りの比較と違い

スマホで、コンデジより撮影する機会が多いのは自撮りです。スマホの自撮りはインカメラでしないと不便なので、インカメラですると、リアカメラ(アウトカメラ、バックカメラ)より画質が落ちます。スマホではこのことが当たり前だと思われていますが、コンデジから見るとそうではないです。

コンデジでは、モニターを自分側に完全に動かして自撮りができる機種が複数あります。コンデジで自撮りしたいならそういう機種を買うので、スマホのインカメラに相当するものはコンデジには必要ないです。スマホはコンデジより便利に撮影できると思われていますが、スマホでコンデジより最も撮影する機会が多い自撮りが、コンデジより不便で画質が悪いことがスマホの問題です。以下に続きます。


スポンサーリンク


スマホで画質がいいリアカメラで自撮りしようとしても、スマホの画面をリアカメラ側に向けることはできません。リアカメラで自撮りするなら、大体の感覚での自撮りか、自撮り棒に鏡を付けてするなど、どれも不便なものばかりです。コンデジには、スマホでのリアカメラに相当する最も画質のいいカメラしかないです。

それでモニターを自分側に向けて自撮りできるので、コンデジでは、そのコンデジの最高の画質で自撮りできるのが極当たり前なのです。スマホでこれほど自撮りがされている中でのコンデジとの画質比較で、この自撮りでのカメラの違いが言われないのは不思議なことです。

スマホのインカメラの問題は、センサーの大きさもリアカメラより小さく悪いものが使われています。センサーが大きいほど光を多く取り込めるので、画質がよくなります。逆に、センサーが小さくなると光を取り込める量が少なくなって画質が悪くなります。

レンズもリアカメラより悪いものが使われています。インカメラのほうが画質が悪くなるのは当たり前のことを、スマホはしてきています。スマホでは自撮りこそ重要と言われるほど使われているのに、自撮りするためのインカメラの画質を悪くするのは、スマホのカメラはその程度でいいということも確かにあったと思います。

それに、スマホの薄い筐体にカメラをいくつも入れることの限界もあります。ここに、スマホがカメラ専用機ではない限界があります。コンデジなら、カメラのためだけに特化した作りができます。画質が悪いインカメラなどわざわざ付けなくても、モニターを自分側に向けて、最高の画質で手軽に自撮りできるカメラにできるのです。

スマホは何でも1台で済ませようとして、結局中途半端になることが、自撮りでも出ています。スマホの構造上、画面だけを画質がいいリアカメラ側に完全に動かした自撮りが不可能なのは、カメラとしての形から遠いスマホに、カメラとしての機能を搭載した無理が出ています。

スマホでインカメラ自撮りの画質にがっかりしたことは多いと思うので、その時に、コンデジでは自撮りの画質が変わらず、モニターも自分側に向けられることを考えれば、自撮り用にコンデジの優位性が出てきます。スマホとコンデジの比較で、コンデジは自撮りの画質に優れることが、もっと言われていいと思います。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事