RX100M5とRX100M4の違いと比較

RX100M5とRX100M4

RX100M5とRX100M4の主な違いと比較を書いています。

連写性能は、RX100M5は、秒間コマ数がAFとAE追従で約24コマ/秒ですが、RX100M4は1コマ目にピントを固定で約16コマ/秒です。以下に続きます。


スポンサーリンク


この連写性能の違いもありますが、RX100M5には、RX100シリーズとして初の位相差AFとコントラストAFの両方の機能があるファストハイブリッドAFが使えます。

RX100M4には、このファストハイブリッドAFがないので、AF性能がRX100M5よりも劣っています。RX100M5はRX100M4よりも、AFのピント合わせが優れています。

関連 ピントとは 点でなく面で合う実像面

コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに書いていますが、RX100M5はセンサーに位相差AFを組み込んだ像面位相差AFセンサーがあります。

RX100M5なら、動画でもファストハイブリッドAFが使えるので、動画撮影でも、RX100M4より優れています。

AFの測距点数は、RX100M5とRX100M4でも、コントラストAFでは25点ですが、RX100M5の位相差AFでは315点あります。

バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、RX100M5はモニタで約220枚、ファインダーで約210枚で、RX100M4はモニターで約280枚、ファインダーでは約230枚の撮影枚数です。

RX100M5とRX100M4では、特にAF性能に違いがあって、位相差AFが使えて連写性能も向上したRX100M5はRX100M4より動体撮影向きになっています。

風景などの静止した撮影を重視して、動体撮影を重視しないのなら、RX100M4からRX100M5に買い換える必要性はそんなにありません。

RX100M5とRX100M4の主な違いを書いてきましたが、それぞれの機種のことはRX100M5RX100M4の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事