リコー GRのファームウェア アップデートの機能

リコー GRのファームウェア アップデート

前の09のリコー GRのハイコントラストとモノクロ写真の相性の記事からの続きです。ここでは、リコーのGRのファームアップデートの記事を書いています。

リコーのGRのファームウェアのアップデートの2.03がリリースされていますが、ちょっとしたアップデートではなくかなり機能が改善されているので、ここで記事にしています。2.03のアップデートの中でも、特に機能が改善されたのがクロップモードです。リコーのGRのクロップには、35mm判換算で35mmのクロップが元からありました。2.03のヴァージョンでは、35mm判換算で47mm相当のクロップが追加されました。47mm相当のクロップモードは、様々な場面で便利に使えます。それは、47mmが50mm標準レンズとほぼ同じ焦点距離だからです。以下に続きます。


スポンサーリンク


50mmが標準レンズと呼ばれる元になったのは、35mm判カメラを普及させたライカが50mmを標準レンズとしたからです。実際の人の見た目の視野に近いのは40mm前後で、50mmの画角はそれより少し望遠側になります。50mmは標準レンズとして長く使われてきた画角で、47mmは印象に残る被写体の切り取りに使えます。具体的には、リコーのGRはシャッター音も静音で背景はコンデジより大きくボカせるので、料理の撮影に使っている人もいると思います。その料理撮影では、47mmのクロップモードが使えます。

35mmのクロップモードでは料理に近づいてレンズの湯気が気になる場合などにも、47mmなら料理から少し離れて使えます。GRのクロップモードは開放F値のF2.8のままで望遠側に寄った画角が使えるので、ISO感度を抑えることもできて、ボケを得られる写真が撮れます。それに、クロップモードはさらに被写体に寄れるので、かなり寄ったマクロ撮影が可能です。リコーのGRで47mmのクロップを使うとSサイズの5M相当の画素数になりますが、マクロ撮影なら十分に使える画素数です。47mmは人間の見た目に近い40mm前後よりほんの少しだけ望遠側で、それに標準レンズの50mmの画角にも近いというリコーのこだわりを感じる画角になっています。

2.03ヴァージョンでは、Pモードで開放優先のプログラムも追加されました。リコーのGRをPモードで使うとレンズの絞り値がF4まで絞られていたのが、PモードでもF2.8が使えるようになったのです。APS-CサイズセンサーのGRを使う大きな理由の1つが開放F値のF2.8の被写界深度なので、PモードでもF2.8が使えるようになったのもファームアップデードの意味ある改善です。あとは、2.03ヴァージョンでは絞り開放で最高1/2500のシャッタースピードが使えるようになりました。これは一眼レフと比べると、大した機能ではないと思われています。一眼レフの場合には、開放F値で1/4000秒以上の高速シャッタースピードが使えるのは当たり前だからです。

ただし、レンズ一体型で絞り開放で1/2500秒が使えるのは、他のレンズ一体型の機種とは、リコーのGRが一歩前に出ている機能です。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、そのことを書いています。他に、2.03ではGRでシャッターボタン確定ができるようになりました。これで露出補正時の操作が簡略化されて、便利に使えるようになっています。GRの2.03ファームアップデートでは他にも機能が追加されていますが、47mmクロップ、Pモードの開放優先、シャッターボタン確定のこの3つが特に便利に使える機能です。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事