リコーのGRの欠点 手ブレ補正 バッテリー

リコーのGRの欠点 手ブレ補正 バッテリー

前の07のリコー GRのスナップ撮影の相性と親指AF オートマクロの記事からの続きです。

リコーのGRの欠点は、まずは手ブレ補正がないことです。これは、前の記事でも書きましたが、GRと同じ28mm相当の画角のGR DIGITAL Ⅳでは手ブレ補正がありました。さらには、GRのほうがGR DIGITAL Ⅳよりも遥かに被写界深度が浅いので、手ブレ補正が必要な場面が出てきます。現在のリコーの技術では、APS-Cサイズでコンパクトに仕上げたリコーのGRに、技術的に手ブレ補正が搭載できなかったのだと思います。将来的なGRの後継機では、手ブレ補正を搭載してくると思います。以下に続きます。


スポンサーリンク


それに、GRの弱点はバッテリー寿命が約290枚なところです。CIPA規格では290枚の撮影枚数が可能ですが、実際には再生画像を見たり設定を変更したりすると、200枚以下しか持たなくなります。これでは、1日の撮影で安心しては使えません。それに、GR DIGITAL Ⅳでは単四電池が使えましたが、GRでは使えなくなりました。290枚しかバッテリーが持たずに実際には200枚以下くらいしか使えないのに、単四電池が使えなくなったのはリコーの判断ミスとも言えます。GR DIGITAL Ⅳよりも以前のCaplio GX8では、単三電池も使えました。バッテリーがこんなに持たないのなら、エネループも使えるようにしたほうがよかったです。

次の09のリコー GRのハイコントラストとモノクロ写真の相性の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事