リコー GR 高速シャッタースピードの制限 露出補正

リコー GR 高速シャッタースピードの制限 露出補正

前の03のリコー GR フルプレススナップ機能の記事からの続きです。

リコーのGRはシャッタースピードの最高速が1/4000です。ですが、実際には、GRは1/4000秒のシャッタースピードを使える時の制限があります。GRのようなレンズ一体型のレンズシャッター機は、高速シャッタースピードが使える時の制限があるからです。レンズシャッターと高速シャッタースピードのことは、レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


リコーのGRのレンズが最も明るい開放F値はF2.8ですが、そのF2.8では1/4000秒の高速シャッタースピードは使えません。F2.8で使えるシャッタースピードの上限は、1/2000秒になります。レンズシャッター機の開放F値で1/2000秒が最高速のシャッタースピードなのは、通常のことです。GRでは、F3.5のレンズの絞り値の時に1/2500秒、F4.5の時に1/3200秒、F5.6までレンズを絞って1/4000秒の最高速のシャッタースピードが使えます。リコー GRのファームウェア アップデートの機能に、シャッタースピードの上限の変更のことを書いています。

このレンズの開放F値や開放側でその機種の最高速のシャッタースピードが使えないのはリコーのGRだけではないので、GRだけが特別ではありません。1/2000秒のシャッタースピードが開放F値で使いたいのなら、レンズ交換式の一眼のフォーカルプレーンシャッター搭載機を使うことになります。

リコーのGRはその一眼レフと同等以上の性能も持っています。GRは、露出補正が±4段もできます。レンズ交換式の一眼でも±4段もできない機種もあるので、リコーのGRはその露出補正の幅が広いです。あとは、ペンタックスの一眼レフの特徴であったTAvモードがリコーのGRでも使えるようになったことが大きいです。TAvモードはGRシリーズで初搭載されましたが、ペンタックスの一眼レフの大きな魅力の一つのTAvモードが使えるGRは、TAvモードがない通常の一眼レフよりも露出モードが多彩に使えます。TAvモードについては、TAvモードの最適な撮影状況と新露出のISO感度に書いています。

次の05のリコー GRの画質の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事