RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4 レビュー 比較と評価

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4は、2013年3月15日に発売されたPENTAX WG-3 GPS / PENTAX WG-3の後継機です。RICOH WG-4 GPSとRICOH WG-4の違いは、WG-4 GPSには電子コンパスがあることGPSも搭載しています。RICOH WG-4 GPSにはボディの前面にサブディスプレイがあって、水深計や高度、時計に気圧の表示ができます。以下に続きます。


スポンサーリンク


RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4は、有効画素数は約1600万画素で、撮像素子は1/2.3型の裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、従来の表面照射型に比べて、高感度時のノイズ処理が改善した撮像素子です。レンズの焦点距離は約25mmから100mm相当で、実質の焦点距離は4.5mmから18mmです。

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4のレンズの明るさの開放F値は、広角端でF2.0、望遠端でF4.9です。25mm相当の広角端がF2.0の明るさのレンズは、タスネスデジカメの中でも高級コンパクト機並みのレンズです。水深14メートルで2時間まで水中で使える防水性能、耐衝撃性は2メートル、マイナス10度までの耐寒、100kgまでの耐荷重性能が、リコー WG-4 GPS / リコー WG-4のタフネス性能です。

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4は、インテリジェントズームを使えば、7Mの記録サイズでも150mm相当までズームできます。インテリジェントズームは、通常のデジタルズームより画質の劣化を抑えたデジタル処理のズームです。マクロ撮影は、レンズ先端から被写体に1cmまで寄れます。

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4の手ブレ補正は、静止画ではセンサーシフト方式と、電子式との併用、高感度モードでの手ブレ補正、動画撮影時には電子式になります。フルHD動画は撮れますが、フレームレートは30fpsです。ハイスピード動画でのスローモーション動画に、インターバル動画、1cmマクロ動画も撮れます。

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4のISO感度は、ISO125からISO6400まで使えます。露出補正は±2段の補正幅で、エントリーコンデジ並みの補正幅です。液晶モニターは、3.0型のワイドの約46万ドットです。オート撮影以外にもシャッター優先も使えて、シャッタースピードを変えられるので撮影の幅が広がっています。

RICOH WG-4 GPS / RICOH WG-4のシャッタースピードの上限は、1/4000秒です。デジタル顕微鏡モードもあって、LEDで被写体を明るくできます。リモコンの受光部は、背景にもあります。電子水準器もあります。内蔵メモリーは、約70MBあります。記録メディアはSDカードです。バッテリーのD-LI92で、CIPA基準で約240枚の撮影枚数です。

RICOH WG-4 GPSは本体のみで約216グラム、RICOH WG-4は本体のみで約約209グラムです。カメラケースのO-CC135もあって、専用レンズアダプターのO-LA135を使えば、広角約20mm相当になります。O-ST1352で、カメラの紛失を防ぐこともできます。Eye-Fiカードにも対応していますRICOH WG-4 GPSはブラックとブルーの2色、RICOH WG-4はシルバーとライムイエローの2色があります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事