RICOH THETA SとRICOH THETA m15の違いと比較

RICOH THETA SとRICOH THETA m15

RICOH THETA SとRICOH THETA m15の主な違いと比較を書いています。リコーの全天球カメラは、初代のRICOH THETA、二代目のRICOH THETA m15ときて、三代目のRICOH THETA Sでやっとデジカメと呼べる機能も付いてきました。RICOH THETA SとRICOH THETA m15では、RICOH THETA Sを購入したほうが満足する撮影ができます。二代目のRICOH THETA m15では、有効画素数も公表されず、撮像素子のサイズも、レンズが最も明るい開放F値もよく分かりませんでした。以下に続きます。


スポンサーリンク


スマホで撮像素子のサイズがよく分からないことはあっても、画素数とレンズの明るさは、スマホでさえも公表されています。二代目のRICOH THETA m15は、全天球カメラという魅力はあっても、肝心のカメラ機能がスマホよりも秘匿されていたのです。RICOH THETA Sの有効画素数は約1200万画素で出力画素は約1400万画素で、撮像素子は1/2.3型、レンズの開放F値はF2.0と公表されたのを見ても、RICOH THETA m15より機能が改善されたから公表されたのだと思います。

THETA Sには静止画と動画撮影の切り替えボタンがあって、静止画での10fpsのライブビューがスマホのアプリで使えます。ISO感度は、THETA Sの動画はISO100からISO1600で、THETA m15の動画はISO100からISO400です。THETA SはライブストリーミングでISO100からISO1600までですが、THETA m15にはライブストリーミングがありません。撮影モードにTHETA m15にはなかったマニュアルが、THETA Sには追加されています。

静止画での長時間露出は、THETA m15は1/7.5秒だったのが、THETA Sになって60秒までできるようになっています。THETA Sの内臓メモリーは約8GBでTHETA m15は約4GBなので、約2倍になっています。THETA m15の動画は1920×960の15fpsでビットレートは12Mbpsでしたが、THETA SはフルHDの1920x1080の30fpsで16Mbpsで撮影できます。THETA m15の動画ファイルはMOV、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、音声はリニアPCMです。

THETA Sの動画ファイルはMP4、動画の映像は同じで、動画の音声はAACです。THETA m15は静止画で約1200枚、1度の動画の記録時間は最大で3分、動画の連続撮影は約40分ですが、THETA Sは静止画の5376×2688で約1600枚、2048×1024で9000枚、1度の動画の記録時間は最大で約25分か上限の4GBまで、フルHDでの動画の連続撮影は約65分、HD動画では約175分です。THETA Sの本体の重さは125gで、THETA m15は約95gです。THETA Sのボディ色はブラックで、THETA m15にはブル、イエロー、ピンク、ホワイトがありました。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事