プロカメラマンがマイクロフォーサーズを選ぶ理由

プロカメラマンとマイクロフォーサーズ

マイクロフォーサーズ機を使うプロカメラマンは、結構います。カメラ雑誌を見ていても、プロとしてマイクロフォーサーズを愛用していることもよく見ます。

それに、カメラ雑誌を見ていると、マイクロフォーサーズ機で撮った写真はかなりあります。これも、カメラ専門誌に載せた写真なので、マイクロフォーサーズ機はプロの仕事に使われているのです。

プロなら35mm判を使うという声は都市伝説の類ですが、なぜ、マイクロフォーサーズ機は、プロカメラマンに愛用されているのでしょうか。以下に続きます。


スポンサーリンク


これには、複数の理由があります。マイクロフォーサーズの撮像素子は、APS-C相当よりさらに小さいです。このセンサーが小さめであることが、利点になっているからです。

まず、カメラが小型化できます。しかし、重要なのは、カメラボディのサイズではないのです。レンズ交換式で重要なのは、レンズも含めての全体のカメラシステムで組んで考えることです。

実際に撮影現場に持っていく時の全ての構成の中で重要なのが、カメラとレンズです。カメラが小さくても、レンズが大きければ、結局、システム全体で考えたら撮影機材が嵩むようになります。

しかし、小さいレンズなら、画質が犠牲になっていないか心配です。この悩みにマイクロフォーサーズが答えを出しています。マイクロフォーサーズでは、高画質のレンズでもコンパクトにできるからです。

マイクロフォーサーズなら、センサーの性能を目一杯に引き出すレンズでも、小型化できるのです。それに、マイクロフォーサーズ機は、ゴミ除去のダスト機能が特に優れています。

さらには、氷点下まで使えるマイクロフォーサーズ機は、機動力を持たせて丈夫に使いたいプロカメラマンに愛用されています。マイクロフォーサーズはセンサーの小ささをレンズの画質で補っていて、画質はレンズで決まることを思い起こすものになっています。

自然な撮影を心がけたい時にも、マイクロフォーサーズの小型さが生きてきます。肝心の画質も、プロとして使う域に達しています。

マイクロフォーサーズを使うプロカメラマンの撮影分野は、多岐に渡っています。女性ポートレートや、動物撮影や昆虫撮影、風景、水中撮影、スナップ、星空撮影にまで使われています。

マイクロフォーサーズ機を購入しようか悩んでいる時に、撮像素子の大きさから画質の心配があると悩んでいるのなら、写真を職業としたプロの写真展にも応えられるので、心配することはないと思います。

撮像素子から考えると、35mm判相当センサーよりもレンズを絞らなくても、ピント面が合います。これは、開放F値で撮っても、ボケて見えなくなる範囲が35mm判より狭いことです。

ピントとは 点でなく面で合う実像面

このため、マイクロフォーサーズは低感度でもシャッタースピードが稼げるので、結果的に、高画質で撮影できることもあります。逆に言えば、マイクロフォーサーズの欠点は、レンズ交換式であるのに、APS-C機よりも、さらに背景がボケにくいことです。

マイクロフォーサーズは、35mm判相当の機種よりは明らかに背景がボケないので、このことは特に認識しておいたほうがいいです。

このボケで見えなくなる範囲が狭いことでピントがきやすいので、35mm判よりも、マイクロフォーサーズのほうがピンボケしないで被写体を捉えやすい利点もあります。

ここに書いたようなマイクロフォーサーズの特徴が自分の撮影現場に合っていることを考えて、多くのプロカメラマンは、マイクロフォーサーズ機を職業写真の相棒として使っています。

関連記事 プロカメラマンが35mmフルサイズを使うという迷信

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事