PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の違いと比較

PENTAX Q-S1とPENTAX Q7

PENTAX Q-S1と、PENTAX Q7の主な違いと比較を書いています。この2機種は基本的な機能は、ほぼ同じです。動画のサイズも、PENTAX Q-S1とPENTAX Q7のどちらも1920x1080のフルHDで、フレームレートは30fpsで同じですが、PENTAX Q-S1ではPENTAX Q7と違って、動画撮影中にコンティニュアスAFが使えるようになっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


PENTAX Q-S1は動画での動体撮影の性能がPENTAX Q7よりもよくなっているので、PENTAX Q7の動画でAFのピント合わせがしにくいと思っていたのなら、PENTAX Q-S1にすると改善したコンティニュアスAFが使えます。ただし、PENTAX Q-S1の動画中のコンティニュアスAFは、ユニークレンズシリーズと06 TELEPHOTO ZOOMでは使えません。

PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の機能の最大の違いは、この動画中のコンティニュアスAFですが、他にも違いがあります。PENTAX Q-S1では、スマートエフェクトにアンティークとフェードカラーが追加されて、違った印象の写真になります。PENTAX Q7でスマートエフェクトを使う機会が多かったのなら、2つの新規のエフェクトも気に入るかもしれません。

PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の違いは、他にも付属品にあります。PENTAX Q7の付属品のソフトウェアはSILKYPIX Developer Studio 3.0 LEでしたが、PENTAX Q-S1ではDigital Camera Utility 5になっています。PENTAX Q-S1は本体のみで約183gで、PENTAX Q7は本体のみで約180gで、3gの違いはありますが重さはほぼ同じです。

PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の他の違いは、デザインの面です。最初に動画機能の違いを書いて、それが最大の違いと書きましたが、撮影者によってはこのデザインの違いが最大の違いになるかもしれません。PENTAX Q7では、ボディにグリップがありました。PENTAX Q-S1ではそのボディのグリップがなくなって、ボディの前面がフラットになっています。

PENTAX Q-S1はフラットになった代わりに、ボディの前面に円形の指掛けができています。PENTAX Q-S1のボディにはフロントシートのレザーと金属素材を使っているので、このボディも撮影者によっては、PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の最大の違いになると思います。PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の他の違いは、ボディカラーです。

PENTAX Q-S1とPENTAX Q7の他の機能は、画素数やISO感度や連写コマ数やバッテリーの持ちなども含めて同じです。PENTAX Q-S1のレビューと比較に、PENTAX Q7と同じPENTAX Q-S1の機能を書いています。ペンタックス Q7のレビューと比較に、PENTAX Q7のことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事