ペンタックス K-30 防塵防滴 ファインダー

ペンタックス K-30の防塵防滴とファインダー

前の01の「単3電池が使えるK-30は海外旅行の一眼レフにも最適」の記事からの続きです。

K-30のボディには簡易な防塵防滴加工がしてあります。smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRの、18-135mmのWRのレンズも簡易防滴構造です。以下に続きます。


スポンサーリンク


K-30では特に「PENTAX K-30 18-135WRキット」がお薦めですが、それは防塵防滴のボディと防滴レンズであることも大きいです。少々水に濡れたりする場面でも、K-30とこのレンズなら安心して使えるのは大きなメリットです。防塵防滴は心理的にも安心できるので、撮影が捗ります。

K-30の魅力は、他にもあります。中でも、ファインダーです。K-30はボディの価格が安く抑えられているのに、ファインダーの視野率は100%です。APS-Cサイズ相当の撮像素子の機種で、ファインダーの倍率が0.92倍なのも大きなメリットになっています。

K-30のファインダーは、数値で見るよりも実際にファインダーを覗いてみたほうが、その見やすさが実感できます。K-30の価格帯の中で、MFのマニュアルフォーカスでも使えるとここまで思わせるのは、K-30が筆頭になっています。K-30以上のファインダーの見やすさを求めるなら、35mmフルサイズ機を思い切って買ったほうがいいと思います。

K-30と同価格帯の中で100パーセントの視野率と高倍率のファインダーは、ソニーのα57があります。ただし、α57は光学ファインダーではなく、液晶ファインダーです。液晶ファインダーは撮影時に露出もすぐに確認できるのはいいのですが、撮影した瞬間に画面がカクカクしたり、熱を帯びた時や見やすさの面での問題などがあって、そのような面で光学ファインダーのほうが強みがあります。

K-30のファインダーと同程度の光学ファインダーを求めると、もっと価格が高い機種になります。K-30は様々な面で価格帯とのバランスが突出している機種ですが、光学ファインダーの見やすさは撮影意欲をかき立てる面で、とても重要なものです。

次の03の「K-30の1/6000秒の高速シャッタースピードはクラス以上」の記事に続きます。TAvモードの最適な撮影状況と新露出のISO感度に、TAvのことを書いています。ペンタックス K-50のレビューと比較に、K-50のことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事