PENTAX K-3 II レビュー 比較と評価

ペンタックス K-3 II

ペンタックスのPENTAX K-3 IIは、2013年11月1日に発売されたK-3の後継機です。K-3 IIの総画素数は約2471万画素で、撮像素子は23.5×15.6mmのCMOSで、ローパスフィルターレスです。画像処理エンジンは、PRIME IIIです。K-3 IIの最大の特徴は、リアル・レゾリューション・システムです。リアル・レゾリューション・システムは、ボディ内手ブレ補正のSRを使って、撮像素子を1画素ずつ4回移動させて連続撮影して1枚に合成する機能です。以下に続きます。


スポンサーリンク


リアル・レゾリューション・システムは高感度ノイズの減少と偽色も防ぐことができますが、動体撮影には使えません。この機能は電子シャッターを使っています。K-3 IIには、天体追尾撮影のアストロレーサー、ローパスセレクターの機能もありますが、リアル・レゾリューション・システムとの併用はできません。K-3 IIのリアル・レゾリューション・システムは、特に風景撮影をよくする撮影者に向いています。静止した被写体で三脚を使ってリアル・レゾリューション・システムで撮影すると、解像度が向上した写真が撮れます。

デジカメで一般的に使われているベイヤー配列の撮像素子では1画素に1つの色情報しかないので、画素補完をしています。その画素補完の過程で、偽色が出たり、解像度が落ちてしまいます。K-3 IIのリアル・レゾリューション・システムでは画素補完をしていないので、解像度の向上、偽色を防ぐことができています。動体撮影をよくする場合には向きませんが、静体撮影をよくする撮影者には、リアル・レゾリューション・システムで目を見張る写真が撮れます。

K-3 IIの光学ファインダーの倍率はAPS-C相当で約0.95倍で、35mm判換算では約0.63倍です。ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、換算のことを書いています。視野率は約100%、アイレリーフ長はレンズの中心から約22.3mmです。液晶モニターのサイズは3.2型で縦横比は3対2で、約103.7万ドットです。ISO感度はISO100からISO51200まで使えて、感度調整のステップ幅は1/2、1/3、1EVステップの3つの調整幅で使えます。シャッタースピードの上限は1/8000秒で、シンクロ同調速度は1/180秒です。記録メディアはSDカードのダブルスロットで、Eye-Fiカード、FLUカードが使えて、SDHC、SDXCカードはUHS-1に対応しています。

K-3 IIの連写性能は、秒間コマ数が最高で約8.3コマ/秒、連続撮影枚数はJPEGで60コマ、RAWでは23コマです。秒間コマ数を落として最高で約3.0コマ/秒にすると、JPEGで200コマ、RAWで52コマの連続撮影枚数になります。AFの測距点数は27点で、中央の25点はクロスセンサーです。AFセンサーはSAFOX 11です。AF性能は、コンティニュアスAFで被写体の追従性が上がっています。シングルAFの速度向上に合わせたズームレンズを使えば、AF.Sも高速化します。

露出制御の測光方式は、8.6万画素RGBセンサーです。露出補正の補正幅は±5段で、1/2、1/3ステップ幅で調整できます。動画機能は1920×1080のフルHDで、フレームレートは60iで撮影できます。動画のファイル形式はMOVで動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、インターバル動画ではファイル形式はAVIで動画の映像はMotion JPEGです。マイクは内臓モノラルマイクで、外部マイクでのステレオ録音ができます。手ブレ補正は内臓の撮像素子シフト方式で、4.5段までもの補正効果があって流し撮りにも対応しています。

レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。ダスト機能も、もちろんあります。AFの検出輝度範囲は、ISO100の時に、EV-3から18です。K-3 IIには、内臓フラッシュはありません。K-3 IIは氷点下10度でも動作保証で、防塵・防滴、ボディにマグネシウム合金を使っています。GPS機能も内臓して、電子コンパスもあります。バッテリーのD-LI90Pで、CIPA基準で約720枚の撮影枚数です。本体のみの重さは、約700gです。

K-3 IIには、HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WRと、smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6EDが付属のレンズキットがあります。TAvモードハイパープログラムハイパーマニュアルのことも書いています。EOS 7D Mark IIとK-3 IIの違いK-3 IIとD7200の違いに、違いを書いています。

D500とK-3 IIの違いも書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事