Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2 レビュー 比較と評価

LUMIX DMC-GX7MK2

パナソニックのLUMIX DMC-GX7MK2は、2013年9月13日に発売されたLUMIX DMC-GX7の後継機です。DMC-GX7MK2の総画素数は1684万画素で、ローパスフィルターレスの4/3型センサーです。画像処理エンジンは、4CPUのヴィーナスエンジンです。静止画のEXテレコンを使えば、約2.0倍のズームができます。デジタルテレコンとはに、テレコンのことを書いています。EVFは約276万ドットで、ファインダー倍率は約1.39倍、35mm判換算では約0.7倍です。アイポイントは約17.5mmで、視度調製の範囲は-4.0から+3.0で、アイセンサー付きです。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調製のことを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


ファインダーの縦横比は16:9でマイクロフォーサーズの4:3ではありません。モニターの縦横比は3対2で、3.0型の約104万ドットです。タッチパネルが使えて、上に90度、下に45度に動かせるチルト式のモニターです。ISO感度はISO200からISO25600まで使えて、ISO100の拡張感度も使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。DMC-GX7MK2のノイズはマルチプロセスNRがあって、解像感が増しながらノイズも抑えています。シャッタースピードは約120秒のタイム撮影から1/4000秒まで使えて、電子シャッターでは1/16000秒まで使えます。動画では1/25から1/16000秒まで使えます。シャッターの衝撃が和らいで使えます。

連写性能は、秒間コマ数は16Mの記録画素数で、AF追従で約6コマ/秒、連続撮影枚数はRAWでも40枚以上です。AFエリアの数は、49点あります。選択できるAFエリア数も49点です。AF性能には速度に勝る位相差AFはありませんが、精度に優れるコントラストAFに速度を加える空間認識AFがあります。コントラストAFは240fpsで、AF追尾性能もGX7より2倍になっています。露出補正の補正幅は±5段で、補正幅は1/3EVステップです。動画性能は、4Kの3840x2160の30pで、約100Mbpsで撮影できます。4K PHOTOの機能もあって、30コマ/秒で連写の静止画が取り出せます。動画のファイルは、MP4とAVCHDです。

動画音声はAVCHDはドルビーデジタル、MP4はAAC-LCです。4Kライブクロップの機能があって、4KをフルHD動画に変換して、パンとズームインとズームアウトをカメラを動かさないで撮影できます。風音キャンセラーもあります。ピント面を移動して動画撮影できるピント送りの機能もあります。EXテレコンは動画でも使えて、1920×1080で約2.4倍のズームができます。ステレオマイクと、モノラルスピーカーがあります。DMC-GX7MK2には、解像感が増す広帯域の輪郭強調処理があります。色再現性も、3次元色コントロールで向上しています。L.モノクロームの質感が増したモノクロモードがあります。

レンズを絞った時に画質が低下するのを避ける回折補正があって、ボディ内RAW現像もできます。SDカードは、UHS-I(U3)に対応しています。顔と瞳認識AFと、星空AFもあります。撮影後にフォーカスポイントを選べるフォーカスセレクトもあります。4Kフォト機能を利用した機能に比較明合成があって、選択合成で合成する写真を選んで、範囲合成で時間軸で選択できます。フォーカスブラケット、絞りブラケットもできて、クリエイティブコントロールにクロスフィルターもあります。ピント面の輪郭の色を強調するピーキング機能もあります。手ブレ補正は撮像素子シフト式の5軸補正で、ボディ5軸とレンズ2軸のDual I.S.です。

ボディの5軸補正は、CIPA基準で4.0段の補正効果があります。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。5軸補正は動画撮影と、4K PHOTOにも対応しています。色空間は、sRGBとAdobe RGBがあります。AFの検出輝度範囲は、ISO100で、EV-4から18です。露出制御の測光方式は、1728分割測光です。ポップアップ式の内臓フラッシュがあって、ISO200でGN6.0相当、ISO100でGN4.2相当です。フラッシュの同調速度は1/160秒以下です。氷点下では動作環境外です。Wi-Fiも使えます。バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、モニターで約290枚、ファインダーで約270枚です。

ボディには前後ダイヤルもあります。動画の実撮影可能時間は、モニターでのMP4の4Kの30pでは約40分です。ファインダーでは、MP4の同じ4Kでは約35分です。DMC-GX7MK2の本体のみの重さは、約383gです。LUMIX DMC-GX7MK2には、LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7が付属の単焦点レンズキットと、LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6が付属の標準ズームレンズキットがあります。4Kフォトと4K動画 静止画連写との違いと動画写真の台頭?に、4Kフォトのことを書いています。

GX8とGX7MK2の違いに、違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事