パナソニック LUMIX DMC-GH4 レビュー 比較と評価

Panasonic LUMIX DMC-GH4

パナソニックのLUMIX DMC-GH4は、総画素数が1720万画素のマイクロフォーサーズ機です。DMC-GH4の最大の特徴は、4K動画が撮れることです。C4Kのシネマ4Kの4096x2160と、4Kの3840x2160で動画が撮れます。4Kで撮影した動画を829万画素の静止画にして写真が残せるので、一瞬の瞬間の写真が撮れます。DMC-GH4の空間認識AFも、大きな特徴です。空間認識AFは、コントラストAFの速度をさらに高速化したAFです。コントラストAFは精度に優れて、位相差AFは速度に優れます。この二つの利点を合わせたのがハイブリッドAFで、撮像素子に位相差AFを組み込んだ像面位相差Afがあります。空間認識AFは、ハイブリッドAFや像面位相差AFではなく、コントラストAFそのものの性能を進化させたものです。コントラストAFは精度に優れるので、このコントラストAFを高速化して位相差AFに近づく速度で使えたら、理想的なAFになります。空間認識AFはコントラストAFが速度に劣るというのを払拭するAFになっていますが、パナソニックのレンズでしか使えません。以下に続きます。


スポンサーリンク


DMC-GH4のEVFは約236万ドットの有機ELで、アスペクト比は4対3、ファインダー倍率は約1.34倍(35mm判換算では約0.67倍)です。ニコンの最上位機のフルサイズのD4Sでも約0.7倍なので、マイクロフォーサーズのDMC-GH4の約0.67倍はD4Sのファインダー倍率と同じくらいです。視度調整の範囲が-4.0~+4.0(dpt)と広いです。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。AF測距検出の範囲はEV -4~18なので、暗い場面でのAFでも比較的に粘りがあります。液晶モニターは約104万ドットの有機ELで、アスペクト比は3対2の3.0型のタッチパネルで、可動式です。液晶モニターは、サイドに約180度、上下に約250度の回転ができます。モニターでの49点のタッチAFもできて、前機種のGH3の23点から増えています。ISO感度はISO200からISO25600までで、拡張設定でISO100も使えます。動画撮影時のISO感度は、ISO6400までです。

DMC-GH4はマニュアルモード時のISOオート設定もできるので、ペンタックスのTAvに近いこともできて、撮影の幅が広がっています。TAvモードの最適な撮影状況と新露出のISO感度に、TAvのことを書いています。静止画での露出補正の幅は±5と広いのでD4Sと同じで、動画撮影時は±3です。シャッタースピードの上限は1/8000秒で一眼レフの最上位機と同じで、動画では1/16000秒も可能です。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いに、シャッタースピードの上限の違いについて書いています。シャッター耐久回数は、約20万回もあります。タッチパッドAFはファインダーを覗きながら液晶モニターのタッチ操作でAFのピント合わせができる機能で、ファインダーを使ってもモニターでの簡単なAF操作ができます。最大記録画素数の16Mでも、AF追従の連写で約7コマ/秒ができます。最大撮影コマ数は、JPEGで最大で約100枚、RAWで最大で約40枚まで連写速度を維持して撮影ができます。USBは2.0で、3.0ではありません。

DMC-GH4はUHS-I スピードクラス3に対応していて、 Adobe RGBの色空間も使えます。フラッシュ同調速度は1/250秒以下で、EX テレコンは静止画の記録画素数のS時には約2倍までズームできます。EXテレコンは余った画素数を使ってズームするクロップなので、記録画素数を少なくてもいいのなら、画質の劣化がなく使えます。Wi-FiとNFCでカメラとスマホ連携できて、QRコードでの認証、GPS内蔵のスマホから位置情報を写真にタグ付けできます。バッテリーはCIPA規格で約530枚の持ちで、本体のみで約480グラムです。前機種のGH3より撮像素子の読み込み速度が2倍に高速化して、4K動画も撮れるようになっています。新しいLiveMOSセンサーはダイナミックレンジも拡大していて、ハイライト側の白飛びにも強くなっています。画像エンジンのヴィーナスエンジンも高速化と低ノイズ化で、ISO25600も可能になっています。ローパスフィルターレスではないですが、ローパスフィルターがあってもモアレを抑えています。

DMC-GH4はあおりと水平の2方向に対応した電子水準器、カメラ本体でのRAWからのJPEG現像もできます。被写体の大きさに合わせてサイズの変更ができる1点AF、被写体を拡大表示できるピンポイントAFもあります。電子シャッターでは、シャッター音のONとOFFができます。ボディは防塵防滴設計で、LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8とLUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8には防塵・防滴設計のレンズなので、そのレンズを使えばボディとレンズ全体で防塵防滴にできます。ボディはマグネシウム合金フレームで、堅牢性があって軽いです。ダスト除去機能も、もちろんあります。モードダイヤルにはロック機能があるので誤動作が防げます。GH4の業務用のLUMIX AG-GH4Uもあります。

ファームウェアVer.2.0で、4Kフォトモードが使えるようになっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事