パナソニック LUMIX DMC-G6 レビュー 比較と評価

LUMIX DMC-G6

パナソニックのLUMIX DMC-G6は、2012年の9月に発売されたLUMIX DMC-G5の後継モデルです。DMC-G6はプラスチックのボディからも、中堅モデルの機種です。まず最初にDMC-G6の画質は、ISO1600以上になるとノイズが出てきます。等倍で見るなら、ISO1600以上のノイズが気になります。DMC-G6のEVFは有機ELディスプレイになりましたが、約144万ドットです。DMC-G6のEVFのファインダー倍率が35mm判換算で約0.7倍なのは、APS-C機にはないEVFの大きな魅力です。EVFは小型の一眼になるほどに、APS-C機の一眼レフよりもファインダー倍率を高く迫力があるものにできます。それでも、DMC-G6は同じパナソニックのGX7のEVFにドット数もファインダー倍率も劣っています。DMC-G6のEVFは、視度調整の範囲が-4.0~+4.0(dpt)でGX7より広いです(ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整)。DMC-G6の視度調整の範囲なら、眼鏡利用者でも裸眼でEVFを使える人も多くいます。実際にDMC-G6のEVFを見てその視度調整の範囲でちょうどいいのなら、DMC-G6を購入する動機がかなり大きくなります。以下に続きます。


スポンサーリンク


DMC-G6はローライトAFで、AFの測距検出範囲がEV -3~18(ISO100換算)です。このDMC-G6のAF性能はGX7には劣りますが、ニコンの一眼レフの最上位機のD4の-2EVより暗い場面でのAF性能に強いです。DMC-G6は露出補正が±5段もできるのは、ニコンとキヤノンの一眼レフの最上位機のD4やEOS-1D Xと同じです。DMC-G6で便利に使える機能は、タッチパッドAFです。EVFを覗きながら、タッチ操作で被写体にピントを合わせることができます。DMC-G6のEX テレコンでは記録画素数がSの約400万画素の時に、約2倍までのテレコン機能があります。DMC-G6のテレコン機能は余った画素数を使うので、画質の劣化がありません。約400万画素で十分なら、LUMIX G 20mm/F1.7 IIが80mm相当のF1.7のレンズで使えます。DMC-G6のテレコン機能は物理的なテレコンと違ってレンズのF値が暗くならないので、ISO感度を抑えて高画質な撮影ができます。

DMC-G6の液晶モニターは、3.0型で約104万ドットでタッチパネル対応でタッチシャッターもできるところは、GX7と同じです。GX7と違うのは、DMC-G6がフリーアングル液晶モニターのところです。GX7は上下可能のチルト式液晶なので角度に制限があって、液晶が目を裏返しにもできません。上下以外の自由なフリーアングルと裏返しにできる液晶画面でEVF撮影時にもモニターの汚れを気にしたくないのなら、GX7よりDMC-G6になります。DMC-G6は最大記録画素数の16M時に、AF追従連写で5コマ/秒の性能です。コンデジでよくある高速連写と謳っているものは最初の被写体にAFを固定しているので、連写というより実態は惰性連写です。コンデジの惰性連写は、被写界深度が深いためにピント面が合っているように見えます。DMC-G6は電子シャッターが使えるので、シャッター音を抑えての撮影ができます。DMC-G6には水平とあおりの電子水準器があるので、風景撮影などで構図が撮りやすいです。

DMC-G6はUHS-Iカードに対応、マニュアルでのピント合わせ時のピーキング機能、アイセンサーAF、フルHD動画、NFCとWi-Fi機能、インターバル撮影と、以前のルミックスのGシリーズよりも機能が追加されています。DMC-G6は高精度なコントラストAFのみで、動体撮影に強い位相差AFがないのはGX7と同じです。DMC-G6は1/4000秒までなので、GX7の1/8000秒の高速シャッタースピードに劣ります。DMC-G6のバッテリーは、CIPA基準で約350枚の撮影枚数です。DMC-G6はGX7にあるボディ内手ブレ補正はありません。DMC-G6はブラック、シルバー、ホワイトの三色があります。LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. H-FS14140-Kが付属したDMC-G6H 標準ズームレンズキット、LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S. H-FS1442A-K、LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS45150-Kが付属したDMC-G6W ダブルズームレンズキット、LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. H-PS14042-Kが付属したDMC-G6X 電動ズームレンズキットがあります。

LUMIX DMC-G7のレビューに、後継機のことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事