FZ70の画質と高感度ノイズ レビュー 比較と評価

FZ70の画質と高感度ノイズ

前の02のFZ70 1/2.3型撮像素子で1cmマクロから1200mmまでの記事からの続きです。

1/2.3型の撮像素子は大型撮像素子より画質を犠牲にしても、レンズの焦点距離が大きく伸ばせます。パナソニックのLUMIX DMC-FZ70の20mmから1200mmまでの物理的なズームに惹かれたのなら、こんなレンズはFZ70しかないので、FZ70だけが購入の選択肢に入ります。物理的にと言っているのは、デジカメ時代ではデジタル処理のズームができるからです。レンズ交換式の機種でも、ソニーの機種ではデジタル処理のズームの全画素超解像ズームも搭載しています。ただ、APS-Cサイズ以上の撮像素子でも、デジタル処理のズームを使うと画質が落ちます。LUMIX DMC-FZ70は物理的な光学ズームが1200mm相当まで使えるのが大きな強みで、そこまでのズームは、APS-Cサイズ以上の撮像素子の機種で画質を維持して写真を撮ることはFZ70に比べればかなり困難です。以下に続きます。


スポンサーリンク


LUMIX DMC-FZ70の高感度のノイズですが、ノイズは見る人によって違うので毎回伝えるのが困ることです。FZ200でもそうでしたが、今までのコンデジの画質で考えるとISO400も使えてISO800も使えると思います。APS-C以上の大型撮像素子の高感度ノイズのレベルで考えれば、DMC-FZ70のISO感度の200のノイズも気になるレベルです。もともとFZシリーズの元祖のFZ1の時にもかなりノイズが多い機種で、FZシリーズはノイズが少ない機種ではありません。大型撮像素子の一眼レフのサブに使っても、FZ70の高感度ノイズが気になります。1/2.3型のコンデジを使っていてISO400のノイズでも使えるのなら、DMC-FZ70のISO800も実用的だと思います。結局、高感度ノイズの許容量は、どの位置から見るかで決まってきます。

次の04のFZ70 4つのズームの仕組みについての記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事