Panasonic DMC-FZ300 レビュー 比較と評価

LUMIX DMC-FZ300

パナソニックのLUMIX DMC-FZ300は、2012年8月23日に発売されたDMC-FZ200の後継機です。DMC-FZ300の総画素数は1280万画素で、1/2.3型のセンサーと画像処理エンジンは4CPUヴィーナスエンジンです。焦点距離は25mmから600mm相当で、実質の焦点距離は4.5mmから108mmです。レンズの明るさは、広角端から望遠端までの全域でF2.8です。デジタル処理系のズームには、EX光学ズームと超解像iAズームがあります。EX光学ズームは余った画素数を抑えてズームする機能なので、画素数を落すほどズーム倍率が伸びて、その画素数の範囲内なら画質の劣化はありません。以下に続きます。


スポンサーリンク


超解像iAズームは、画質の劣化をできるだけ抑えてズームするデジタル処理のズームです。EX光学ズームは46.9倍の1172mm相当までズームできて、超解像iAズームなら48倍の1200mm相当までズームできます。マクロ機能では、レンズの先端から被写体まで広角端で1cm、望遠端で1.0mまで寄れます。そのマクロ機能は、さらにデジタルズームの3倍を使ってズームするズームマクロ機能もあります。手ブレ補正機能には、動画時には5軸のハイブリッド補正が使えます。EVFには0.39型の約144万ドットで、ファインダー倍率は35mm判換算で約0.7倍です。

35mm判換算で約0.7倍のファインダーは、APS-Cクラスのエントリー機よりもファインダー倍率に余裕があります。視度調整の範囲は、±4ディオプターです。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。EVFは、アイセンサーに対応しています。液晶モニターは、縦横比が3対2の3.0型で約104万ドットです。モニターはフリーアングル式で、 FZシリーズ初のタッチパネルでタッチシャッターもできます。ファインダーを覗きながらモニターのタッチ操作でピント位置の調整ができるタッチパッドAFの機能もあります。ISO感度はISO100からISO6400で、補正ステップは1/3ステップです。

シャッタースピードの上限はメカシャッターでは1/4000秒ですが、電子シャッターでは1/16000秒が使えます。電子シャッターの高速シャッタースピードでは、動く被写体で歪む現象が起こる欠点があります。電子シャッターを使ってサイレントモードもあります。記録メディアはSDカードで、UHS-I(U3)のSDカードも使えます。連写性能は、AF追従でも約6コマ秒です。電子シャッターでは、AF追従でなければ、約60コマ/秒で連写できます。DMC-FZ300には4K PHOTOの機能もあるので、30コマ/秒で連続撮影枚数を維持して連写できます。AFの測距点数は49点で、49種類のAFエリアを選択できます。DMC-FZ300には空間認識AFがあります。

空間認識AFは精度のコントラストAFに、速度の追従性を加えたAFになっています。AF-ON機能での置きピン、-4EVまで対応のローライトAFに、星空にピント合わせができる星空AFもあります。49点のAFエリアを選択できるカスタムマルチAF、横列パターン、縦列パターン、中央パターンのAFエリアもあって、AFのフリー選択もあります。1点AFはAF枠の大きさを調整して、フォーカスポイントを選択できます。DMC-FZ300には、奥の瞳と手前の瞳の位置をタッチフォーカースで変えて撮影できる瞳認識AFもあります。露出補正の補正範囲は±3段で、1/3ステップで補正できます。動画性能はAVCHDでフルHDで撮影できて、60コマ/秒の約17Mbpsで60iで記録できます。

MP4では4Kの3840x2160の約100Mbpsの30pで撮影できます。音声はMP4ではAAC、AVCHDではDolby Digitalです。マイクはステレオです。回折補正もあって、ライブビューで確認しながら明暗を調整できるハイライトシャドウの機能もあります。レンズの絞り調整もできる後ダイヤルとサイドダイヤルもあります。RAW記録もできて、DMC-FZ300ではカメラ本体でのRAW現像もできます。内臓フラッシュもあります。Wi-Fi機能もあって、QRコード認証もあります。ボディは、防塵と防滴です。バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準でモニターで約380枚、EVFで約360枚です。動画の実撮影可能時間はモニターでもEVFでも約65分です。本体のみの重さは、約640gです。

FZ300とFZ200の違いに、違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事