パナソニック LUMIX DMC-FZ200 レビュー 比較と評価

パナソニック LUMIX DMC-FZ200

この記事は01で、13までのFZ200の記事があります。

パナソニックのデジカメの代表と言えば、FZシリーズです。レンズ一体型の数ある中でも、FZシリーズは魅力を持ち続けてきました。特に、LUMIX DMC-FZ200はFZシリーズの中でも、魅力にあふれた機種になっています。そのFZ200にどんな魅力があるのかを、これからレビューしていきたいと思います。以下に続きます。


スポンサーリンク


FZ200は何と言っても、とにかく600mm相当の望遠端の開放F値がF2.8の明るさです。そして、FZシリーズで一貫しているのは、撮影するのが楽しくなるカメラで、このカメラならもっと撮影したいと思わせてくれるので、FZ200を使っていると撮影枚数が自然に増えていくのが実感できます。

撮影する意欲が出てくるカメラであれば、結果的に写真枚数が増えて、思い出に残る写真の数も増えていきます。FZ200の一台があれば、静止画撮影だけでなく、動画にも強いので、動画撮影まで含めて様々な撮影状況に対応できます。とにかく一台で済ませたい場合には、FZ200は筆頭ではないでしょうか。

FZ200が発売された時には、FZシリーズもここまできたかと思いました。初代機のFZ1が2002年に発売されてからFZシリーズを使ってきましたが、FZ200まで10年以上が経っています。FZ200は、液晶ビューファインダーの小ささなど引っかかるところ(眼鏡使用者にとっては、見やすいファインダーだと思います)はありますが、600mmF2.8レンズの達成も含めて、今までのFZシリーズの一応の完成形が出たと思っています。

初代のFZ1も全域のF2.8だったので、FZ200は最初のFZ1の原点に戻りました。キヤノンのPowerShot G15もレンズの明るさの原点に戻ったので、2012年発売の機種はレンズの明るさの原点がキーワードになった年でした。FZ1は35mmから420mm相当のレンズで撮像素子が1/3.2型でノイズがかなり多かったです。FZ200は広角から600mmまででF2.8でFZ1よりは高感度ノイズは相当に改善したので、着実に進化してきたのがFZシリーズだと思います。

次の02の「FZ200の600mm F2.8レンズのコンパクトさ」の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事