LUMIX DC-G99 レビュー 比較と評価

LUMIX DC-G99

LUMIX DC-G99はマイクロフォーサーズですが、マイクロフォーサーズは35mmフルサイズと比べるとセンサーが小さいのに価格が高すぎるという意見もよく見ます。プロカメラマンがマイクロフォーサーズを選ぶ理由に、そのことも含めたマイクロフォーサーズのことを書いています。

LUMIX DC-G99のセンサーは、ローパスフィルターレスです。ローパスフィルターレスのなしとありの決定的な違いに、違いを書いています。AFはコントラストAFの性能を高めた空間認識AFです。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、AFのことを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


LUMIX DC-G99はV-Log Lがプリインストールされていて、4Kの30p動画が時間無制限で撮影できて、モニターがフリーアングルなので、動画撮影に向いた機種です。LUMIX DC-G99は、4Kの60pはありません。自撮りで4K動画で、撮影ができます。

当初の値段から落ちてきて、値段が落ち着いた時に買うと、レンズ交換ができる4K動画の自撮り機としての価値が出てきます。モニターは、約124万ドットの3.0型のタッチパネル式です。LUMIX DC-G99は、カメラ内RAW現像もできます。カメラ内RAW現像はどんな時に使えばいいのかに、カメラ内RAW現像のことを書いています。

EVFは、約236万ドットです。USB充電ができて、USB給電しながらの撮影もできます。LUMIX DC-G99のボディは、防塵と防滴です。シャッターユニットの耐久性は、約20万回です。デジカメで動画撮影時に、時間制限があることで悩んでいるのなら、LUMIX DC-G99は購入の選択肢に入ります。

4Kの30pの4K動画で時間を気にしないで動画撮影ができて、ビデオカメラとは違って静止画にも、もちろん重点を置いた機種がLUMIX DC-G99です。V-Log Lもあって、動画撮影の面で候補に入る機種になっています。

格安中華アクションカムとGoProの画質の違いに書いていますが、動画を気軽に撮るならGoProもあるし、格安アクションカムもあります。LUMIX DC-G99は、GoProとは違ってセンサーが大きくて、本格的なレンズもあるので、より作品撮りに向いた動画撮影ができます。

LUMIX DC-G99の本体の重さは約484gで500gを切っているので、GoProより本格的なレンズ交換式の機種で動画撮影がしたい時にも、選択肢に入ります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事