パナソニック LUMIX DC-G9 レビュー 比較と評価

LUMIX DC-G9

パナソニックのLUMIX DC-G9は、2016年10月21日に発売されたLUMIX DMC-G8の後継機です。

LUMIX DC-G9の総画素数は2177万画素で、4/3型のマイクロフォーサーズ機です。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。センサーはローパスフィルターレスです。ローパスフィルターレスのなしとありの決定的な違いに、違いを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画像処理エンジンはヴィーナスエンジンです。LUMIX DC-G9には、ボディ内の手ブレ補正を使ってセンサー移動で8回の連続撮影で解像度が約8000万画素相当になるハイレゾモードが新設されたのが特徴です。

ファインダーは縦横比が4対3の0.5型の有機ELの約368万ドットで、倍率は35mm判換算で約0.83倍もあります。ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、換算のことを書いています。

マイクロフォーサーズ機の筐体で約0.83倍もの倍率にできるのは電子ファインダーだからで、光学ファインダーでは物理的な制限が大きくなります。ファインダーの横にはV.MODEボタンがあって、そのボタンで0.83倍、0.77倍、0.7倍のファインダー倍率の切り替えができます。

アイポイントは約21.0mmで、視度調整の範囲は-4.0から+3.0です。アイセンサーもあります。ファインダーは最高で120fpsで表示できます。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

液晶モニターは、3対2の3.0型の約104万ドットで、タッチパネル式です。ボディの右肩上部にはバックライト付きの液晶画面があるので、設定項目の表示ができます。天体撮影時にはモニターをナイトモードにして暗闇に慣れた目に適した表示にできます。

ISO感度は、ISO200からISO25600まで設定できて、1/3EV刻みで補正できます。拡張感度にISO100があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。動画ではISO200からISO12800までで、拡張感度のISO100は同じです。

シャッタースピードの上限は、メカシャッターでは1/8000秒、電子先幕で1/2000秒、電子シャッターで1/32000秒です。電子先幕シャッターのメリットとデメリットに電子先幕のこと、電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに違いを書いています。動画では1/16000秒です。

記録メディアはSDカード系で、スロット1と2の両方でUHS-IとIIに対応したダブルスロットです。連写性能は、電子シャッターではAF追従で約20枚/秒、メカシャッターではAF追従で約9枚/秒です。

AFの測距点数は225点で、AF性能は、コントラストAFの性能を高めた空間認識AFで、位相差AFはないです。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。ジョイスティックでAF選択の位置を変えることもできます。

露出補正の補正幅は±5EV刻みで、1/3ステップで補正できます。動画性能は、4Kの3840×2160の約60pの150Mbpsで撮影できます。動画のファイル形式はMP4と、AVCHDがあります。4Kの60pでの音声無しスローモーション動画の撮影もできます。

マイクはステレオで、スピーカーはモノラルです。新設されたAFポイントスコープでは、AFが合った部分を拡大して表示できます。ボディには前後のダイヤルがあるので、ダイヤルで設定できます。ピント面の輪郭を色で強調ができるピーキング機能があります。ピントとは 点でなく面で合う実像面に、ピント面のことを書いています。

手ブレ補正機能はセンサーシフト式で、5軸補正でのCIPA基準で、35mm判換算で120mm時に6.5段の効果があります。AFの検出輝度範囲は、ISO100でEV-4から18です。

露出制御の測光方式は1728分割測光です。内臓フラッシュはないです。外部フラッシュ時の同調速度は1/250秒以下です。DC-G9のボディは防塵と防滴で、マイナス10度まで使えます。ボディはマグネシウム合金です。

通信機能は、Wi-Fiと、Bluetoothがあります。バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、モニターで約380枚、ファインダーで約360枚です。省電力ファインダー撮影設定では、約890枚です。パソコンから給電しながら撮影することもできます。LUMIX DC-G9の本体のみの重さは、約586gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事