DC-S1とDC-S1Rのレビューと比較 違い

DC-S1とDC-S1R

パナソニックのDC-S1とDC-S1Rは共通している機能が多いですが、違いもあります。違う機能がある時には、違いを書いています。

DC-S1Rの総画素数は5044万画素で、DC-S1の総画素数は2528万画素です。どちらの機種も35mmフルサイズのCMOSですが、DC-S1が35.6mm×23.8mmで、DC-S1Rは36.0mm×24.0mmなので、DC-S1Rのほうがわずかに大きいです。パナソニックの一眼はマイクロフォーサーズでアスペクト比は4:3でしたが、35mmフルサイズになって、3:2になっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に書いていますが、DC-S1Rのほうが画素数が多いので、画素ピッチが狭くなっています。その画素ピッチが両機種のISO感度設定の幅にも影響しています。両機種ともローパスフィルターレスで、画像処理エンジンはヴィーナスエンジンです。

両機種ともローリングシャッター現象の歪みを抑える機能があって、動画撮影でも使えます。グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに、ローリングシャッターのことも書いています。縞状の色モアレを軽減するモアレ低減機能もあります。

ファインダーのアスペクト比は4:3で、0.5型の約576万ドットの有機ELです。倍率は約0.78倍で、アイポイントは約21mmです。視度調整の範囲は-4.0から+2.0です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。アイセンサーもあって、120fpsのフレームレートで表示できます。

ファインダーを覗いて、モニターのタッチフォーカスが使えるタッチパッドAFの機能もあります。モニターは、アスペクト比が3:2の3.2型の約210万ドットで、タッチパネル式です。モニターは3軸チルト式に動かせます。水平と垂直で確認できる水準器もあります。

モニターで、ライブビューブーストを使えば、暗い場面でも被写体が見やすくなります。暗闇での視認性を向上させるナイトモードもあります。被写体を拡大できるMFアシストの倍率が、20倍までになっています。

ISO感度は、DC-S1はISO100からISO51200まで設定できて、拡張感度に、ISO50、ISO102400、ISO204800があります。DC-S1RはISO100からISO25600で、ISO50とISO51200が拡張感度です。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

DC-S1とDC-S1Rの最大の違いは画素数ですが、その画素数で画素ピッチの問題が出て、DC-S1のほうが高感度撮影ができるようになっています。広大な風景撮影など解像度重視の撮影場面ではDC-S1Rのほうがいいですが、夕方からの撮影などが多い場合には、DC-S1のほうが適しています。

シャッタースピードの上限は、メカシャッターと電子シャッターで1/8000秒、電子先幕で1/2000秒です。動画では1/16000秒です。DC-S1Rの電子シャッターでは、1/16000秒です。電子シャッターとメカニカルシャッターの違い電子先幕シャッターのメリットとデメリットに、シャッターのことを書いています。

記録メディアはダブルスロットで、スロット1がXQDカード、スロット2がU3規格対応のSDHCとSDXCが使えるSDカード系です。連写性能は、メカシャッターと電子先幕で、AF追従で約6コマ/秒、電子シャッターのAF追従では約5コマ/秒です。

AFの測距点数は225点あって、AFは空間認識AFです。空間認識AFは、コントラストAFの性能をさらに高めたものです。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違い、AFのことを書いています。星空AFで、星にAFを合わせることもできます。

露出補正の補正幅は±5段で、1/3EVステップで補正できます。動画は4Kの3840×2160の約60pで、29分59秒まで連続で記録できます。4Kの30pでは動作の撮影時間に制限はないです。撮影中の操作音防止のために、タッチ操作もできます。

動画のファイルは、DC-S1がMP4、MP4 HEVC、AVCHDがありますが、DC-S1RにはMP4 HEVCがないです。動画の映像はMP4はH.264/MPEG-4 AVC、MP4 HEVCはH265/HEVC、それとAVCHDです。動画の読み出し速度が向上したので、ローリングシャッターを抑えています。グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに、ローリングシャッターのことを書いています。

被写体のピント面の輪郭を色で強調できるピーキング機能もあります。ピントとは 点でなく面で合う実像面に、ピント面のことを書いています。瞳認識AFがあって、動物認識もあります。30コマ/秒の6K PHOTOもあります。4K PHOTOでは、60コマ/秒の連写もできるようになっています。

マイクはステレオで、スピーカーはモノラルです。HDMI Type A端子もあります。マイク端子があるので、別名のマイクロホンも使えます。ハイレゾモードでは、ボディ内手ブレ補正のセンサーを8回連続で動かして撮影できて、DC-S1は約96M相当まで、DC-S1Rは最大約187M相当までの記録ができます。

DC-S1とDC-S1Rは元の画素数が違うので、ハイレゾモードでも違ってきます。ハイレゾモードでは、DC-S1Rのほうが2倍程度の画素数になっています。特に、風景撮影が多いのなら、ハイレゾモードを考えてもDC-S1Rのほうがいいです。

ジョイスティックがあるので、それで、AFの位置の移動もできます。シャッター音を静かにできるサイレントモードもあります。イルミネーションボタンもあって、再生ボタン、Qボタン、戻るボタン、消去ボタン、DISPボタンが点灯します。

アスペクト比は、4:3、3:2、16:9、1:1、65:24、2:1があります。ボディの前後には前ダイヤルと後ダイヤルがあるので、そのダイヤルで設定の調整もできます。操作ロックレバーもあります。手ブレ補正は撮像素子シフト式で、5.5段分の補正効果があります。

RAWは、14bit RAWにも対応しています。AFの検出輝度範囲は、ISO100のF1.4のAFS時に、EV-6から18です。露出制御の測光方式は、1728分割測光です。内臓フラッシュはないです。フラッシュの同調速度は1/320秒以下です。

ボディは防塵防滴で、マグネシウム合金のフレームです。マイナス10℃までの耐低温設計で、シャッターユニットの耐久性は、約40万回です。通信性能はWi-Fiと、Bluetooth v4.2があります。バッテリーの持ちは、CIPA基準で、モニターのSDカードで約400枚、ファインダーのSDカードで約380枚です。省電力のファインダー撮影では、SDカードで約1150枚の撮影枚数です。

USB給電もできます。本体の重さは、DC-S1が約899g、DC-S1Rは約898gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事