OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough レビュー 比較と評価

STYLUS TG-870 Tough

OLYMPUS STYLUS TG-870 Toughは、2015年5月22日に発売されたSTYLUS TG-860 Toughの後継機です。STYLUS TG-870 Toughの有効画素数は1600万画素で、センサーは1/2.3型の裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画像処理エンジンはTruePic VIIです。レンズの焦点距離は21mmから105mm相当で、実質の焦点距離は3.74mmから18.7mmです。STYLUS TG-870 Toughは、21mm相当で撮れるのが大きな特徴です。28mmのレンズでも広角レンズで、24mmなら十分に広角レンズです。

21mmは24mmよりもさらに広角なので、広大な風景や、海に行っても広い範囲で撮影できます。レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.5で、望遠端でF5.7です。マクロ性能は、スーパーマクロでは、レンズの先端から被写体まで1cmまで寄れます。STYLUS TG-870 Toughは、耐衝撃が2.1m、耐荷重が100kgf、耐低温は-10℃、防水が15mのタフネスボディです。

さらには、防塵性能もあります。手ブレ補正はレンズシフト式です。液晶モニターは3.0型の約92万ドットで、180度の可動式で、自分のほうに向くので自分撮りができます。ISO感度は、ISO125からISO6400まで設定できます。撮影時の露出モードは、オート撮影機なので、シャッター優先、絞り優先もないので、マニュアル露出もできません。

シャッタースピードの上限は、1/2000秒です。記録メディアはSDカード系で、Eye-Fiカードが使えます。連写は、7コマ/秒で7枚の連続撮影ができます。露出補正の補正幅は±2段で、1/3段で補正できます。動画性能はフルHDの1920×1080の60pで撮影できます。動画のファイルはMOV、動画の映像はH.264、動画の音声はリニアPCMのステレオです。

タイムプラスムービーは夜景に対応して、240fpsのハイスピードムービー撮影もできます。光の軌跡が撮れるライブコンポジットがあって、アートフィルターは13種類に増えています。別売のスポーツホルダーのCSCH-123を使って、スポーツカムモードでも使えます。カメラ前面のフェイスボタンでも、シャッターが切れます。

CALS+モードもあります。内臓フラッシュもあります。Wi-Fiも使えて、補助GPS、GLONASSとQZSSに対応しています。別売の防水プロテクターのPT-057、専用のシリコンジャケットのCSCH-124も使えます。バッテリーのLI-50Bで、CIPA基準で約300枚の撮影枚数です。

STYLUS TG-870 Toughの重さは、バッテリーとSDカード込みで221gです。ボディ色には、グリーンとホワイトの2色があります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事