OLYMPUS PEN-F レビュー 比較と評価

OLYMPUS PEN-F

オリンパスのOLYMPUS PEN-Fの有効画素数は、2030万画素です。オリンパスのマイクロフォーサーズ機で、2000万画素を超えたのはPEN-Fが初めてです。ローパスフィルターレスで、画像処理エンジンはTruePic VIIです。PEN-FにはEVFが内臓で、約236万ドットです。ファインダー倍率は約1.23倍で、35mm判換算では約0.62倍です。アイポイントは約20mmで、視度調整の範囲は約-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


ファインダーには、水平と垂直に対応した水準器が表示できて、14倍までの拡大表示もできます。ダイナミックレンジを拡大してファインダー見やすくするOVFシミュレーションモードもあります。液晶モニターは3.0型の2軸可動式で、モニターを反転して自分撮りアシストの機能を使うこともできます。アスペクト比が3対2の約104万ドットで、タッチパネル式です。ファインダーを覗いてタッチパネルでAF操作ができるAFターゲットパッドもできます。

ISO感度はISO200からISO25600まで使えて、LOWでは約80相当も使えます。PEN-Fでは、マニュアル露出の時にオートISOにして、露出補正もできます。シャッタースピードの上限は、メカニカルシャッターで1/8000秒で、電子シャッターでは1/16000秒です。記録メディアは、SDカード系が使えます。連写の秒間コマ数は、AF追従で5コマ/秒です。連続撮影枚数は、5コマ/秒で、RAWで約250コマ、JPEGではカードの上限までです。

AFの測距点数は81点あります。露出補正ほ補正幅は±3 EVで、1/3 EVステップで補正できます。±3段はコンデジの中級機並みなので、PEN-Fは最上位機には当てはまりません。露出補正ダイヤルがあります。動画性能はフルHDの1920×1080の60pで撮影できて、インターバル撮影と4Kタイムラプスも使えます。動画のファイル形式はMOV、AVIで、動画の映像はMOVがMPEG-4AVC/H.264、AVIはMotion JPEGです。内蔵ステレオマイクと内蔵モノラルスピーカーがあります。

PEN-Fの新機能に、モノクロプロファイルコントロールと、カラープロファイルコントロールがあります。モノクロプロファイルコントロールは、効果を当てはめてモノクロ表現で撮影できて、あらかじめクラッシックフィルム モノクロとクラッシックフィルム IRの効果もあります。カラープロファイルコントロールには、あらかじめクロームフィルム リッチカラーとクロームフィルム ビビッドの効果があって、色作りで作品作りができて撮影できます。

Olympus Viewer 3を使うと、プロファイルコントロールをRAW現像することもできます。8回撮影で高解像度に処理する50Mハイレゾショットの機能も使えます。モードダイヤルにはロック機構があって、背面には設定ができるレバーもあります。瞳優先AFも使えて、スーパースポットAFを使えば、マクロ撮影でも自動で手ブレ補正が使って、マクロ撮影でのピント合わせもしやすくなっています。AFターゲットを小さく表示できるスモールAFターゲットもあります。

画像補完で2倍まで拡大できるデジタルテレコンもあります。ボディー内5軸手ブレ補正では、約5段分の補正機能があります。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。PEN-Fでは、スポット測光とAFが連動して使えます。露出制御の測光方式は、324分割デジタルESP測光です。防塵防滴フラッシュのFL-LM3が付属していて、バウンス撮影もできて、ガイドナンバーは9.1です。コマンダーとしても使えます。

フラッシュ同調速度は、1/250秒以下です。氷点下は動作環境外で、ボディは防塵防滴ではありません。Wi-Fiも使えます。バッテリーのBLN-1で、CIPA基準で、約330枚の撮影枚数です。PEN-Fの本体のみの重さは、約373gです。ボディ色にはブラックとシルバーがあって、トップカバーはマグネシウム製です。PEN-Fには、12mm F2.0レンズキットがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事