ニコン Z7 レビュー 比較と評価

Z7

ニコンのZ7は、ニコン初のミラーレスの35mm判相当のフルサイズの上位機です。

Z7の総画素数は4689万画素、有効画素数は4575万画素で、撮像素子は35.9×23.9mmの裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


裏面照射型CMOSはソニーが作ってきもので、ソニーは上級機で性能が向上した積層型CMOSになっています。画像処理エンジンはEXPEED 6です。交換レンズはZマウントのNIKKORレンズで、アダプターを使えば、Fマウントレンズも使えます。

ファインダーは0.5型の約369万ドットで、視野率が約100%、倍率は約0.8倍です。アイポイントは、接眼レンズ面の中央から21mmです。アイセンサーもあります。視度調節の範囲は、-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。200%まで拡大表示することもできます。

モニターはチルト式の3.2型の約210万ドットで、タッチパネルに対応しています。ISO感度は、ISO64からISO25600まで設定できて、1/3と1/2ステップで補正できます。拡張感度ではISO32相当、ISO102400相当まで設定できます。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。シャッタースピードの上限は1/8000秒です。電子シャッターを使ったサイレント撮影では、ローリングシャッターの問題が起きることがあります。グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに、書いています。

記録メディアはXQDカードで、シングルスロットです。SDカードは使えません。Z7はニコンのフルサイズのミラーレスの上位機ですが、シングルスロットなところが問題な機種です。連写のAFとAE追従で、約5.5コマ/秒です。

AFの測距点数は493点あります。像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAFです。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、書いています。AF補助光があります。露出補正の補正幅は±5段で、補正ステップは1/3と1/2ステップです。

動画性能は3840×2160の4Kで、30pです。動画のファイル形式はMOVとMP4、動画の映像はH.264/MPEG-4 AVC、動画の音声はリニアPCM、AACです。4KとフルHDの動作撮影中に、静止画の写真を撮ることもできます。4Kフォトとは 静止画連写との違いと動画写真が台頭する?に、4Kフォトのことを書いています。

Z7には瞳AFがないです。フリッカー低減と、回折補正の機能があります。一眼レフ機でなく、ミラーレス機になって、5軸のボディ内手ブレ補正の機能が付きました。補正効果は、約5.0段です。スポット測光が測距位置に連動して移動するのは、ニコンの一眼レフと同じです。

AFの検出輝度範囲は、ローライトAF時は、ISO100のF2.0レンズで、-4から19EVです。オートホワイトバランスに、白を優先する、雰囲気を残す、電球色を残すの3種類があります。フラッシュ同調シャッタースピードは1/200秒です。

シャッターユニットの耐久性は20万回です。この20万回というのも、上位機であることを考えると少ないです。ボディには、防塵と防滴性能があります。通信機能は、Wi-Fiと、Bluetoothがあります。バッテリーのEN-EL15bで、CIPA基準で、ファインダーで約330コマ、モニターで約400コマの撮影枚数です。USB充電ができますが、USB給電での撮影はできません。本体のみの重さは、約585gです。

Z7はニコン初のフルサイズミラーレスで上位機ですが、レンズもまだ充実してなく、シングルスロットであることなどを考えても、まだ上位機として不十分です。ニコンのこれからのミラーレス機としての出発点としての機種になっていて、実際には、ニコンはフルサイズミラーレスを出してはみたが、様子見の状態ではないでしょうか。

一眼レフの光学ファインダーをなくして、ソニーのセンサーを使い続けても、ニコンのミラーレス機が、ソニーのミラーレス機の下位機のようになってしまいます。ニコン独自の機能を複数持たせたミラーレス機の発売は、まだ先になります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事