ニコン DL18-50 f/1.8-2.8 レビュー 比較と評価

DL18-50 f/1.8-2.8

ニコンのDL18-50 f/1.8-2.8の有効画素数は2081万画素で、センサーは1.0型の13.2mm×8.8mmの裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少したセンサーです。光学ローパスフィルターレスになっています。焦点距離は18mmから50mm相当で、実質の焦点距離は6.7mmから18.5mmです。開放F値は、広角端でF1.8、望遠端でF2.8です。マクロAF時は、先端レンズ面の中央から被写体まで、広角側で約2cmまで寄れます。以下に続きます。


スポンサーリンク


望遠では、約16cmまで寄れます。絞り羽根は、7枚羽根虹彩絞りです。レンズにはステップズームリングがあるので、好みの焦点距離に設定してから撮影できます。ニコンの1型センサーのレンズ一体型は、DL18-50 f/1.8-2.8も含めたDLシリーズが初になっています。DLは、ニコン一眼レフのユーザーでも使いたいと思わせるDの意味があります。DL18-50 f/1.8-2.8のレンズはコンデジでは初になるナノクリスタルコートで、ゴーストとフレアが少なくなっています。

レンズはフッ素コートです。手ブレ補正は、静止画はレンズシフト方式で、動画はレンズシフト方式と電子式の併用です。EVFはありませんが、236万ドットの別売のEVFのDF-E1があって、アイセンサー付きのチルト式です。モニターは、3型のタッチパネルの約104万ドットです。チルト式で、モニターを上に向けて自分撮りができます。ISO感度は、静止画はISO160からISO12800まで、ISO6400とISO12800のノイズリダクションも使えます。

ノイズリダクションは、連写合成でノイズを減らす機能です。動画はISO160からISO6400で使えて、ノイズリダクションは使えません。ノイズリダクションでは、画像の周辺部が消失します。シャッタースピードは、メカシャッターで1/2000秒から30秒、電子シャッターは1/16000秒から30秒まで使えます。Mモードでは120秒も使えます。オート設定では、メカシャッターから電子シャッターに自動で切り替わって使えるので、メカシャッターの露出限界を気にせずに使えます。

記録メディアは、SDカード系です。連写性能は、秒間コマ数が位相差AFの追従で約20コマ/秒、AF固定では最高約60コマ/秒で、連続撮影枚数はRAW(NEF)とJPEGのFINEでは、約20コマまでです。AF性能は、像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAFです。位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れます。105点のハイブリッドAFと、171点のコントラストAFで使えます。露出補正の補正幅は、±5段で、1/3段と1段で補正できます。

動画は±3段の範囲で、1/3段で補正できます。露出補正ダイヤルもあります。動画性能は、4K UHDの3840×2160の30pで撮影できます。動画のファイル形式はMP4、動画の映像はH.264/MPEG-4 AVC、動画の音声はAACステレオです。HDMIの外部レコーダーに、非圧縮の1920×1080から1280×720の動画を記録できます。動画撮影中の静止画の記録もできて、その静止画の記録中でも動画撮影ができます。4K UHD動画からの静止画写真の切り出しもできます。

タイムラプス動画に、1200fpsのスローモーション動画機能もあります。DL18-50 f/1.8-2.8のMTF曲線では、広角端と望遠端の開放F値のF1.8とF2.8のコントラストは周辺まで良好ですが、開放F値の周辺の解像度は広角端と望遠端で落ちています。解像度を上げるならレンズを絞ったほうがいいですが、画面周辺の解像度が必要ないポートレート撮影なら開放F値のまま撮影しても問題ないです。アオリ撮影でのパースペクティブを調整できる機能があるので、DL18-50 f/1.8-2.8は建築写真にも向いています。

シャッターボタンを半押し中に画廊記録をして、全押しした前後の10枚と20枚の記録ができます。ピント面の色が強調できるピーキング機能もあります。コントロールリングにマニュアル優先AFの割当てができて、AFで合焦後にコントロールリングでMFが使えます。ニコンのデジタル一眼レフで使えるiメニューもあります。DL18-50 f/1.8-2.8にはフラッシュは内臓していませんが、SB-5000、SB-910、SB-700、SB-500、SB-300のニコンの一眼レフ用のスピードライトが使えます。

フラッシュの同調速度はメカシャッターでは全てのシャッター速度で同調、電子シャッターでは1/60秒以下で同調です。Wi-Fi内臓でリモート撮影ができて、Bluetoothも内臓しています。氷点下では動作環境外です。バッテリーのEN-EL24で、CIPA基準で、約260枚の撮影枚数です。動画は、CIPA基準で、実撮影動画時間は約45分です。別売品に、レンズフードのHS-DL2、ニュートラルカラーフィルターNCの46mmがあります。DL18-50 f/1.8-2.8の本体の重さは、バッテリーとSDカード込みで約359gです。

DL18-50 f/1.8-2.8は、ニコンがレンズ一体型機でも手を抜かないで、コンデジの復権とも言える機種になっています。コンデジのレンズであっても、ナノクリスタルコートで18mmから始まる明るいレンズで、1型センサーもあって、一眼レフを使っている撮影者であっても、DL18-50 f/1.8-2.8なら使う意欲が湧いてくる機種になっています。デジカメと言えばコンデジで、コンデジが輝いて時代を思い出させてくれる、そんな力強いレンズ一体型のDL18-50 f/1.8-2.8がニコンから出てきました。ニコンが一眼レフだけではなく、レンズ一体型機にも力を入れていく決意が見えるレンズ一体型機になっています。

DLシリーズは、レンズに金リングがあることからも、ニコンがレンズに力を入れていることが分かります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事