D610とα7Sの違いと比較

D610とα7S

ニコンのD610とソニーのα7Sの違いと比較を書いています。最大の違いは、ニコン機とソニー機でのレンズマウントの違いです。ニコンFマウントとソニーEマウントのどちらかのレンズ資産があるのなら、そのメーカーのほうの機種になります。資産があるのとは違うメーカーの機種にするのなら、それだけ魅力があるレンズがあるのか、魅力があるボディなのかで、機種選択が違ってきます。以下に続きます。


スポンサーリンク


α7Sの総画素数は約1240万画素で、D610の総画素数は2466万画素です。どちらも35mmフルサイズの撮像素子なので、画素数がそのまま1画素の受光面積に反映します。α7SはD610よりも画素数が約半分なので、D610よりも高感度耐性があります。D610のISO感度はISO100からISO6400までが通常域で、増感でISO25600相当まで使えます。

α7SのISO感度はISO100からISO102400までが通常域で、拡張域でISO409600まで使えます。D610とα7Sでは通常域のISO感度も、最大感度も大きく差があります。高感度撮影が多いのなら、D610よりもα7Sです。風景撮影で画素数が必要なら、D610のほうがいいです。高感度重視か、解像度重視かで、D610とα7Sのどちらにするかが決まってきます。

D610にはダブルスロットがあります。α7Sにはソニー機の特徴のピクチャーエフェクトがあって、中でもソフトハイキーは女性のポートレート撮影に向いています。α7SにはXAVC Sの4K動画機能があるので、動画撮影重視ならα7Sのほうがいいです。α7Sのファインダー倍率は約0.71倍で、D610の約0.7倍よりもわずかだけ大きいです。

D610のファインダーの視度調節の範囲は-3 ~+1で、α7Sは-4.0-+3.0です。EVFの利点は、光学ファインダーよりも視度調整の範囲が広いことです。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。D610のシャッタースピードの上限は1/4000秒で、α7Sは1/8000秒です。

1/8000秒はレンズ交換式の機種の最上位機と同じで、それに比べると、D610のシャッタースピードは劣ります。D610は連写で約6コマ/秒まで、α7Sは約5コマ/秒までできます。D610は、ニコン機の長所のスポット測光とAF枠が連動します。D610は位相差AFで39点の測距点、α7SはコントラストAFで25点の測距点です。

位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れますが、動体撮影が多いのならα7SよりもD610のほうがいいと思います。α7Sの検出輝度範囲はEV-4から20 (ISO100相当、F2.0レンズ)、D610は-1から19 (ISO 100)です。α7Sのほうが、暗所でのAFの検出範囲が広いです。D610の液晶モニターは固定式で、3.2型の約92万ドットです。

α7Sは3.0型の約92万ドットで、チルト式で動かせます。D610はバッテリーのEN-EL15で約900コマ、α7SはバッテリーのNP-FW50でファインダーで約320枚の撮影枚数です。光学ファインダーとEVFの違いは、光学ファインダーの撮影では電池の持ちがEVFよりかなり持つことです。Eマウント機は、ソニーのAマウント機よりもさらにバッテリーの持ちが悪いです。

バッテリーの撮影枚数が長いほどよくて、ファインダー撮影が主なら、α7SよりD610の購入になります。α7Sには、Wi-Fiと近距離無線通信のNFCがあります。D610は本体のみで約760g、α7Sは本体のみで約446gです。重さがかなり違ってα7Sはフルサイズ機でもかなり軽いので、重さが気になるならα7Sにしたほうがいいです。

D610のレビューと比較α7Sのレビューと比較に、D610とα7Sの記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事