ニコン D3400 レビュー 比較と評価

D3400

ニコンのD3400の有効画素数は2416万画素で、センサーは23.5mm×15.6mmのCMOSで、画像処理エンジンはEXPEED 4です。光学ローパスフィルターレスです。ローパスフィルターレスのなしとありの決定的な違いに、書いています。

ファインダーはペンタミラーで、ファインダー倍率は約0.85倍で、35mm判換算では約0.56倍です。ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、書いています。視野率は約95%です。以下に続きます。


スポンサーリンク


アイポイントは接眼レンズ面の中央から18mmで、視度調整の範囲は-1.7から+0.5です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

モニターは3型の約92万ドットの固定式で、タッチパネルは使えません。常用ISO感度は、ISO100からISO25600で1段ステップで補正できます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、書いています。

シャッタースピードは1/4000秒から30秒で、バルブ撮影とタイム撮影ができます。記録メディアはSDカード系で、Eye-Fiカードが使えます。連写性能は約5コマ/秒で、最大100コマまでできます。

AFの測距点数は11点で、クロスタイプセンサーは1点です。AFエリアモードはシングルポイントAF、ダイナミックAF、11点の3D-トラッキング、オートエリアAFがあります。

静音撮影モードもあります。露出補正の補正幅は±5段で、補正ステップは1/3です。動画は1920×1080の60pで、スロー動画再生ができます。HDMI出力もできます。

動画のファイル形式はMOV、動画の映像はH.264/MPEG-4 AVC、動画の音声はリニアPCMです。内蔵モノラルマイクがあります。ピクチャーコントロールにフラットがあって、iボタンを使って拡大再生中にトリミングできます。

手ブレ補正はレンズ式です。RAWは12ビット圧縮です。スポット測光に測距点が連動して使えます。AFの検出輝度範囲は、-1から+19EVです。

露出制御の測光方式は420分割RGBセンサーです。ガイドナンバーが約7の内臓フラッシュがあって、シンクロ接点は1/200秒以下です。氷点下は動作環境外です。

ボディは炭素繊維複合材料モノコック構造なので、小型化と丈夫さが特徴です。Bluetoothでスマホと常時接続して、SnapBridgeで写真の自動転送できて、日付と位置情報の同期もできます。

バッテリーは、CIPA基準で、EN-EL14aで約1200枚の撮影枚数です。D3400はニコンの最エントリー機ですが、このバッテリーの持ちが強みです。CIPA基準でのバッテリーの計測は、内臓フラッシュがあれば、2回に1回はそれを使ってします。

D3400は内臓フラッシュを使って計測しても約1200枚も撮影できるので、エントリー機の中では特にバッテリーの持ちがいいです。D3400の本体のみの重さは、約395gです。

D3400には、AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRが付属のレンズキットと、そのキットレンズにAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRが付属のダブルズームキットがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事