ニコン COOLPIX W100 レビュー 比較と評価

COOLPIX W100

ニコンのCOOLPIX W100の有効画素数は1317万画素で、センサーは1/3.1型です。レンズの焦点距離は30mmから90mm相当で、実質の焦点距離は4.1mmから12.3mmです。

レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.3、望遠端でF5.9です。COOLPIX W100の最大の特徴は、タフネスボディです。水深10mまでの防水性能、1.8mの耐衝撃性、-10℃の耐寒性に、防じん性もあります。以下に続きます。


スポンサーリンク


水中撮影やスタンプやマンガ効果、ビー玉画像効果、アルバム撮影や子供の手に使いやすいデザインに、アイコン表示のひらがななどを見ても、ターゲットは子供にデジカメ購入を考えているファミリー層です。

手ブレ補正は光学式はなく、動画で電子式があります。2.7型の約23万ドットのモニターがありますが、このモニターは現在のエントリーコンデジの中では、最も品質が低い部類に入ります。

EVFのファインダーはないです。ISO感度はISO125からISO1600まで使えますが、ISO1600までしか使えないエントリーコンデジは、現在ではほとんどありません。

センサーが1/3.1型と小さいので高感度の幅を広げることができないので、高感度撮影が苦手な機種がCOOLPIX W100です。露出制御はプログラムオートのみなので、オート撮影しかできません。

シャッタースピードは1/2000まで使えます。記録メディアはSDカード系で、内蔵メモリーは約22MBあります。露出補正の補正幅は、±2段で1段刻みで補正できます。

動画は1920×1080のフルHDで、約30fpsで撮影できます。メイクアップ効果もあるので使えます。このメイクアップ効果もあることから、COOLPIX W100は子供に加えて、女性向けの機種です。

内臓フラッシュはあります。Wi-Fiも使えます。SnapBridgeを使って、スマホと常時接続して画像の自動転送もできます。バッテリーの撮影枚数は、約220枚です。

パソコンからのUSB充電もできます。COOLPIX W100の重さは、バッテリーとSDカード込みで約177gです。ボディの色にはブルー、ピンク、イラストがあるマリンの3つがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事