ニコン COOLPIX S32 レビュー 比較と評価

COOLPIX S32

ニコンのCOOLPIX S32は、2013年2月28日に発売されたCOOLPIX S31の後継機です。総画素数は1417万画素で、センサーは、1/3.1型のCMOSです。画像エンジンは、EXPEED C2です。

COOLPIX S32のレンズは30mmから90mm相当で、実質の焦点距離は4.1mmから12.3mmです。レンズの明るさの開放F値は、広角端でF3.3、望遠端でF5.9です。COOLPIX S32は、ダイナミックファインズームができません。以下に続きます。


スポンサーリンク


ダイナミックファインズームは、通常のデジタルズームよりも画質の劣化を抑えたズーム機能です。COOLPIX S32の手ブレ補正機能は、動画撮影時に電子式のブレ補正、静止画ではモーション検知と手ブレ軽減の機能があります。

COOLPIX S32のマクロ撮影は、レンズ先端から広角側で被写体に約5cmまで寄れます。液晶モニターは、2.7型で約23万ドットです。使用温度はマイナス10℃、防水性能は水深10mまで、1.5メートルまでの落下試験、防塵性能もあるのが、COOLPIX S32の大きな魅力になっています。

COOLPIX S32はメニュー表示をひらがなにできるので、子どもも使えます。場面を変える機能の「ビー玉に映す」「マンガ風にとる」を使えば、ビー玉風、マンガ風の写真ができます。

COOLPIX S32の写真であそぶの「アルバムを作る」を使えば、アルバムを使った写真もできます。1枚の写真の2つの音声を保存できるので、日記のやりとりのような写真もできます。

COOLPIX S32は、内蔵メモリーは約25MBです。記録媒体は、SDメモリーカードです。動画はMOV形式です。オート機なので、マニュアル撮影はできません。

COOLPIX S32はフルHD動画の1920×1080で、フレームレートが29.97fpsの動画が撮れます。ISO感度は、ISO125からISO1600までです。露出補正の幅は±2段で、エントリーコンデジ並みの補正幅です。

COOLPIX S32のシャッタースピードの上限は、1/2000秒です。バッテリーのEN-EL19で、約220枚の撮影枚数です。USB充電で、パソコンからバッテリーを充電することもできます。電池とSDメモリーカードの込みで、約175グラムです。色は、ブルーとホワイトの2色があります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事