ニコン COOLPIX L30 レビュー 比較と評価

COOLPIX L30

ニコンのCOOLPIX L30は、2013年2月21日に発売されたCOOLPIX L28の後継機です。総画素数は2048万画素で、センサーは1/2.3型のCCDです。センサーは通常の表面照射型のCCDで、高感度時のノイズ処理に優れた裏面照射型のCMOSではありません。

COOLPIX L30の画像エンジンは、EXPEED C2です。レンズの焦点距離は、26mmから130mm相当で、実質の焦点距離おは4.6mmから23mmです。レンズの明るさの開放F値は、広角端でF3.2、望遠端でF6.5です。以下に続きます。


スポンサーリンク


COOLPIX L30には、ダイナミックファインズームの機能がありません。ニコンのダイナミックファインズームは、デジタルズーム時の劣化をできるだけ抑えたズーム機能です。

COOLPIX L30にはレンズシフト方式の手ブレ補正がなく、静止画でのモーション検知と手ブレ軽減の機能があります。ダイナミックファインズームも、レンズシフト方式の手ブレ補正も、どちらもニコンのコンデジには搭載されていますが、COOLPIX L30は価格を抑えた機種なので未搭載になっています。

COOLPIX L30のマクロ撮影は、レンズ先端から広角側で被写体に約10cmまで寄れます。ニコンのコンデジの中でも被写体から約10cm離れるのは、COOLPIX L30はマクロ撮影に弱い機種です。

COOLPIX L30の液晶モニターは、3型の約23万ドットです。23万ドットは最新のデジカメの中でも、ドット数が最も少ないです。内蔵メモリーが約25MBあります。記録媒体は、SDメモリーカードです。

COOLPIX L30の動画は、AVI形式です。オート機なので、マニュアル撮影はできません。マルチ連写の16コマの連続撮影ができます。女性の撮影に向いているメイクアップ効果がありますが、新機能のリップカラー、マスカラ、アイシャドウ、テカリ軽減の4つの効果が、COOLPIX L30にはありません。

COOLPIX L30は、ペットの顔を認識してピント合わせができるペットモードがあります。フルHD動画の撮影はできません。ISO感度はISO80からISO1600で、ISO1600以上の高感度撮影はできません。

COOLPIX L30は露出補正の補正幅は±2段で、これもエントリーコンデジによくある補正幅です。シャッタースピードの上限は、1/2000秒です。COOLPIX L30はエントリーコンデジで機能が制限されているところもありますが、最大の魅力は単三型電池が使えることです。

最近のデジカメは専用バッテリーが多くて、特に旅行でバッテリーが切れると撮影ができなくなります。どんなカメラでもバッテリーがなくなったら使えないので、単三型電池なら旅行先でもすぐに入手できるので、バッテリーの心配がなくなります。

COOLPIX L30はエネループを使っても、他のエントリーコンデジより長持ちします。コンパクトな単三型電池機を使いたいのなら、COOLPIX L30は少ない選択肢の中に入ります。

COOLPIX L30は電池と、SDメモリーカードの込みで、約164グラムです。シルバーとレッドの2色があります。旅行の予備にCOOLPIX L30を持っていけば、いざという時に写真が取れなかったという不安がなくなります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事