ニコン COOLPIXA マクロAFとバッテリーの欠点

ニコン COOLPIXA マクロAFとバッテリーの欠点

前の04のニコン COOLPIX A AF速度が遅い欠点と短所の記事からの続きです。ニコンのCOOLPIX AのマクロAFのままでもマクロ以外の通常の撮影はできますが、マクロモードの近接距離まで含めてAFを合わせる範囲が広がるため、マクロAFで通常の撮影にするには、AF速度がさらに遅くなります。通常のAFモードでも速い合焦とは言えないCOOLPIX AのAFがマクロAFで通常撮影をすると、さらに遅くなるのです。通常の撮影時には、フォーカスモードセレクターで通常のAFにしておくことをお薦めします。以下に続きます。


スポンサーリンク


それでも、ニコンのCOOLPIX A通常のAFモードでは、50cmまでしか寄れません。一眼レフと違って、レンズ一体型機の場合にはレンズ先端からの距離になります(コンデジのマクロとデジタル一眼レフとミラーレスの最短撮影距離の違い)。レンズ先端から50cmまでしか寄れずに、しかも28cmの画角なので、通常のAFではかなり寄れないことになります。もちろん、10cmマクロもレンズ先端からですが、28mm広角のレンズ先端からの距離なので、そんなに寄れません。

レンズ交換式ではマクロモードがなくて、そのまま近接距離まで撮れて、しかもAFの速度はニコンのCOOLPIX Aより速く、しかもCOOLPIX Aよりも寄れるレンズは普通にあります。レンズ交換式の場合にはレンズ先端からではなく、撮像素子のセンサー面からの距離からの近接撮影が可能だからです。それに、ニコンのCOOLPIX Aには手ブレ補正がないので、低感度で撮る時には手ブレに弱くなります。COOLPIX Aで被写界深度を深く撮ろうとしてレンズを絞るとシャッタースピード稼ぐためと、さらには手ブレ対策のために、高感度撮影をしないといけません。

ニコンのCOOLPIX Aの欠点は、静止画の撮影枚数が約230枚とバッテリーが持たないことも大きいです。230枚なら、1/2.3型の安価なコンデジと同じくらいか、安いコンデジでももっとバッテリーが持つ機種もあります。COOLPIX Aの後継機で、このような機能が改善されるのではないでしょうか。リコー GRとニコン COOLPIX Aの違いに、違いについて書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事