ニコン COOLPIX A AF速度が遅い欠点と短所

COOLPIX A AF速度が遅い欠点と短所

前の03のニコン COOLPIX Aの画質 ローパスフィルターレスと感度の記事からの続きです。ニコンのCOOLPIX Aにも、欠点のデメリットがあります。COOLPIX Aは物理的な光学性能はさすがにニコンの画質で、十分すぎるほどの高画質です。ですが、その物理的な高性能を、それを支えるデジタル面で足を引っ張っているのがCOOLPIX Aです。ちなみに、COOLPIX Aのレンズは、ナノクリスタルコートのレンズではありません。以下に続きます。


スポンサーリンク


ニコンのCOOLPIX Aはじっくり構図を決めて撮影する風景撮影なら、問題なく高画質を堪能できる機種です。問題なのは、COOLPIX AのAF速度の弱点です。COOLPIX Aはコントラスト検出方式のAFですが、このAFがスナップのようにパシャパシャ撮影するには、コントラストAFの合焦が遅いのです。このコントラスト検出のAFの遅さが、一眼レフの位相差方式のAFの速さに大きく劣るところです。

それに、ニコンのCOOLPIX Aでシャッターを押して撮影した後で、モニターの表示が一瞬ブラックアウトする時間が長めです。そのため、背面液晶を見ての次の撮影にすぐに行くことができません。他には、COOLPIX AのAFの合焦範囲です。COOLPIX Aでは10cmマクロができますが、それには、COOLPIX Aのボディ左下にあるフォーカスモードセレクターでマクロAFに切り替えないといけません。

次の05のニコン COOLPIXA マクロAFとバッテリーの欠点の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事