LUMIX DC-GH5S レビュー 比較と評価

LUMIX DC-GH5S

パナソニックのLUMIX DC-GH5Sの総画素数は1193万画素で、有効画素数は1028万画素です。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に書いていますが、GH5Sの画素ピッチは4マイクロメートル以上あります。GH5より画素数を落としているので、画素ピッチに余裕が出ています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画像処理エンジンはヴィーナスエンジンです。GH5Sはローリングシャッター現象を抑えた機種になっています。グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに、ローリングシャッターのことを書いています。ファインダーは縦横比が4対3の0.5型の約368万ドットの有機ELで、ファインダー倍率は約1.52倍です。

35mm判換算でのファインダー倍率は、約0.76倍です。ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、倍率のことを書いています。アイポイントは21mmです。アイセンサーもあります。ファインダーを覗いた状態でのアイセンサーAFの機能もあります。モニターの縦横比は3対2で、3.2型の約162万ドットです。

モニターはタッチパネル式で、水平と垂直の電⼦⽔準器があります。ISO感度はISO160からISO51200まで設定できて、拡張ISO感度ではISO80、ISO100、ISO102400、ISO204800があります。ISO感度は、1/3EVステップで設定できます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

撮影の状況の合わせて基準感度が自動で切り替わるデュアルネイティブISOテクノロジーがあります。シャッタースピードの上限は、メカシャッターでは1/8000秒、電子シャッターでは1/16000秒です。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに、違いを書いています。サイレントモードでの撮影もできます。

記録メディアはSDカード系のダブルスロットで、スロット1と2の両方ともがUHS-II対応です。連写性能は、フル画素の14bit RAWのAF追従で約7コマ/秒で、12bit RAWのAF追従で約8コマ/秒で、連続撮影枚数は両方ともで60コマまでです。AFの測距点数は225点あって、AF性能は空間認識AFです。空間認識AFはコントラストAFの性能を高めたものです。

コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。GH5の顔・瞳認識AFよりも、GH5Sの顔・瞳認識AFのほうが性能がよくなっています。露出補正の補正幅は±5段で、1/3段で変更できます。

ナイトモードを使えばモニターが赤色表示になるので、暗闇の目に合わせた表示ができます。動画はC4Kの4096×2160で60p、4Kの3840×2160で60pで撮影できます。C4Kの30pと4Kの30pでの4:2:2 10bitの内部記録ができます。動画の撮影中でも、HDMI端子で4:2:2 10bitで映像出力できるHDMIモニタリングスルーの機能もあります。

ピント面の輪郭を色で強調できるピーキング機能には、5種類の⾊があります。ピントとは 点でなく面で合う実像面に、ピント面のことを書いています。マイクロフォーサーズの撮像素子に適合させたV-Log Lがあります。MFアシストで、最大倍率が20倍まで表示できます。

動画の記録時間が無制限で撮影できます。動画のファイル形式はMOV、MP4、AVCHDがあります。C4Kの60fpsでのハイフレームレート記録ができます。HLGのハイブリッドログガンマでHDR動画の撮影もできます。GH5Sには、HDMI Type A端⼦もあります。マイクはステレオで、スピーカーはモノラルです。

フォトスタイルに709ライクとV-Log Lがあって、静⽌画でも使えるようになっています。ボディには親指で使えるジョイスティックがあります。4Kフォトでは約8Mで60枚連写ができます。レンズの画角のままで、4:3、3:2、16:9、C4K(17:9)の縦横比で撮影できます。

GH5Sにはボディ内手ブレ補正がないので、この点は注意するところです。GH5Sではカメラ内RAW現像もできます。カメラ内RAW現像はどんな時に使えばいいのかに、書いています。AFの検出輝度範囲は、ISO100で-5から18です。露出制御の測光方式は、1728分割測光です。

内臓フラッシュはないです。シャッターユニットの耐久性は約20万回です。氷点下10度までの耐性があって、防塵と防滴のボディになっています。Wi-FiとBluetoothがあって、スマホでリモート操作もできます。バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、モニターで約440枚、ライブビューで約410枚、省電力ファインダー設定では約1300枚です。GH5Sの本体のみの重さは約580gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事