ローパスフィルターレスのなしとありの違いと比較

ローパスフィルターレスのなしとあり

レンズ交換式のローパスフィルターレスとローパスフィルターの違いで、解像度のことが言われます。ローパスフィルターレス機のほうが解像度が高まるのは確かにそうですが、あまり言われていことでの決定的な違いがあります。

ローパスフィルターレス機では、デジタル専用レンズを使ったら解像度が高まることです。デジタル専用に作られていない銀塩時代のフィルムレンズでは、ローパスフィルターレス機でも解像度が高い画像が得られるわけではないのです。以下に続きます。


スポンサーリンク


デジタル専用レンズと銀塩フィルムレンズの画質の違いに書きましたが、ローパスフィルターレスとは言ってもフィルターレスではないのです。ローパスフィルターレスでも、撮像素子の前面には、赤外カットフィルター、ローパスフィルターと同程度の厚みか同程度の屈折率のガラス、ゴミ処理機構もあります。

これらのフィルターがあるローパスフィルターレス機は、デジタル専用レンズでは解像度が高まるようにはなっても、フィルムレンズでは解像度がぼやけてしまいます。フィルムレンズでは、撮像素子前面のフィルターに対応していないので、ローパスフィルターレス機でも、特に周辺の画質は落ちます。

ローパスフィルターありとなしの決定的な違いは、使うレンズによって結果が異なることです。ローパスフィルターレスだからとフィルムレンズでも画質が向上しているかというと、そうではないです。

ローパスフィルターレスはあくまでデジタル専用レンズで、撮像素子前面のフィルターにも対応しているレンズの時に、解像度が高まると言っているのです。フィルムレンズで画質を発揮するのは、やはり、フィルム前面にデジカメ時代のフィルターが存在しなかったフィルムカメラが最適となります。

ただし、例外もあります。M型デジタルライカがフィルムレンズで画質がいい理由に書きましたが、ライカの場合にはフィルムレンズを使っても画質がそれほど落ちないことを書いています。フィルム時代のレンズ資産を活用したい場合もあります。

中古のフィルムレンズを使ってみたいと考えている時にも、フィルムレンズはデジタル時代のセンサー前面のフィルターに対応しておらず、ローパスフィルターレスであっても、センサー前面にフィルターがあることを考えてから使うようにします。

コンデジはローパスフィルターレスが当然の理由も、書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事