レンズの絞り値のF値の配列と光の量

レンズの絞り値のF値の配列と光の量

レンズのF値はシャッタスピードとは違って、倍・倍の配列になっています(カメラのシャッタースピード表示の不思議)。F1を基点にすると1、2、4、8、16、32、64となって、F1.4の基点では2.8、5.6、11、22、45、90、になっています。11は11.2の四捨五入、22は22.4の四捨五入、45は44.8の四捨五入、90は89.6の四捨五入です。シャッタースピード表示で1/8秒の半分が1/16秒ではなく1/15秒となっていることなどとは違って、レンズのF値は倍・倍表記です。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズのF値の1の次がF2ではなく、F1.4になっているのはレンズの光の量に関係しています。レンズに取り入れるための光の量は、レンズにある絞りの穴の面積に比例します。F1の次にF2にすると、その面積が1/4になります。F1からF2になると、レンズの口径が1/2の半分になります。そのため、面積は1/4になって、光の量が1/4になってしまいます。光の量が半分で1段ごとと決めているのに、F1の次にF2にすると光の量が1/4になって2段の違いになって1段ごとの配列ではなくなってしまいます(レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割)。

面積を半分にするには、√2=1.4142356で計算して、これを四捨五入してF1.4になっています。レンズの絞り値で重要なのは、光の量から計算していることです。写真は光の芸術と言われて、photographの単語にも、photoは光でgraphは記録の意味があって、写真とあらわします。写真は、光を記録するものです。カメラで光の量を操るためのレンズの絞りは、その光の量を重視した配列になっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事