ライカ X2の欠点と弱点 レビュー 比較と評価

ライカ X2の欠点

前の01のLEICA X2 レビューの記事からの続きです。

ライカ X2は、LEICA X1よりもバッテリーがかなり持つようになりました。LEICA X1はバッテリーが約260枚しか持たなかったのが、ライカX2はCIPA規格で約450枚も大幅にバッテリーが持つようになりました。LEICA X2と同時期の現行のAPS-C機のレンズ一体型のリコーのGRニコンのCOOLPIX Aはバッテリーが持たないので、LEICA X2のバッテリーの持ちはかなり大きな強みです。ただし、LEICA X2の液晶モニターは2.7型で約23万ドットです。この液晶モニターだから、バッテリーの持ちがいいです。ライカ X2の液晶モニターは現行のAPS-C機のレンズ一体型の中でも見映えがしません。LEICA X2はAPS-Cセンサーのレンズ一体型ではかなり高額ですが、この液晶モニターの性能が気になるところです。以下に続きます。


スポンサーリンク


LEICA X2は、前機種のLEICA X1では装着できなかったEVF2を付けられます。ライカMライカXバリオと同じ外付けEVFです。ライカX2の2.7型で約23万ドットの背面液晶モニターが見にくい場合には、外付けのEVFを使うといいです。ライカ X2は、APS-Cサイズのセンサーのレンズ一体型の中では、30cmの最短撮影距離が長いです。この最短撮影距離は、同じAPS-CクラスのリコーのGRやCOOLPIX Aのほうがもっと近づけるので優れています。

LEICA X2には、動画機能がありません。ライカMとライカ Xバリオは、動画録画ができます。これは動画機能がないことで、ライカ X2で写真撮影に集中できることにもなります。写真を重視で普段から動画を撮らないのなら、動画機能がないのは気にならないのではないでしょうか。LEICA X2にはローパスフィルターがあるので、解像度重視の機種ではありません。次の03のLEICA X2 ハイコントラストモノクロと高感度の画質の記事に続きます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事