ライカTL レビュー 比較と評価

ライカTL

ライカTLは、2014年4月25日に発売されたライカTの後継機です。ライカTLの有効画素数は1630万画素で、23.6mm×15.7mmのAPS-CのCMOSです。

レンズはライカTLレンズで、Lバヨネットマウントなので、ライカSLレンズも装着できます。モニターは3.7型のタッチパネル式で、約130万ドットです。以下に続きます。


スポンサーリンク


ISO感度は、ISO100からISO12500まで使えます。シャッタースピードの上限は、1/4000秒です。記録メディアはSDカード系で、内臓メモリーは32GBあります。

連写性能は、約5コマ/秒です。AFはコントラスト式のみです。最近のデジカメは、モニターでの撮影を前提にした機種でも、撮像素子に位相差AFを組み込んだ像面位相差AFの機種があります。

その場合には、コントラストAFと位相差AFの両方が使えますが、ライカTLは位相差AFは使えません。コントラストAFは精度に優れて、位相差AFは速度に優れています。

露出補正の補正幅は±3EVで、1/3EVステップで補正できます。動画はフルHDの1920×1080pの30fpsで撮影できて、動画のファイル形式は、MP4です。

ライカTLのボディには、光学式の手ブレ補正がないです。連写で手ブレを補正する電子式の手ブレ補正なら使えますが、動体撮影には向きません。

内蔵フラッシュのガイドナンバーはISO100で4.5で、フラッシュの同調速度は1/180秒です。Wi-Fiが使えて、スマホでのリモート撮影もできます。

バッテリーのBP-DC 13で、CIPA基準で約400枚の撮影枚数です。USB充電ができます。ライカTLの本体のみの重さは、約339gです。ボディの色は、シルバー、ブラック、チタンがあります。

ライカTLには、バリオ・エルマーTL F3.5-5.6/18-56mm ASPH.が付属のレンズセットがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事