EOS Kiss X7 ライブビュー時 バッテリー AF速度はソニーαに劣る

Kiss X7 ライブビューのバッテリーとAF速度

前の05の「Kiss X7とiPhoneに見るこれからのデジカメと写真」の記事からの続きです。

キヤノンのEOS Kiss X7は、一眼レフとしては初めて、背面液晶でのライブビューのAFが実用範囲に入ったと言えると思います。コンデジから一眼レフを使う時には、Kiss X7くらいのライブビューのAF性能は必要だと思います。ただ、そんなKiss X7でも、ソニーのαシリーズに比べれば、まだ背面液晶のAF速度が遅いです。以下に続きます。


スポンサーリンク


Kiss X7の発売日は2013年 4月24日で、ソニーのα57はその約1年前に発売されたモデルです。それでも、α57の背面液晶のAFはKiss X7よりも速く、コンデジから使う場合でも満足できるライブビューになっています。ソニーのα57はトランススルーセントミラーで一眼レフのミラーがなくAFに光を供給できるので、その恩恵で背面液晶のAFがかなり速いです。Kiss X7以上のライブビュー性能がいいのなら、α57のαシリーズをお薦めします。αシリーズの背面液晶のAF速度は、最新のコンデジにも劣らないくらいに速いです。

Kiss X7のバッテリーは光学ファインダー撮影では400枚くらい持ちますが、ライブビュー撮影では150枚くらいしか持ちません。α57はライブビュー撮影で600枚くらい持ちます。Kiss X7は一眼レフとしてはライブビューが向上しても、光学ファインダーがないαシリーズのライブビューとバッテリーの持ちには敵いません。光学ファインダーでなくてもよく、ライブビュー機能を重視するのなら、ソニーのαシリーズがいいと思います。

それでもKiss X7のライブビューのAFもソニーのαほどではないにしろ速いので、光学ファインダーでしか撮影してこなかった人でも、Kiss X7のライブビューでも撮影してみてください。ライブビュー撮影は、コンデジとミラーレス一眼(あるいは、スマホ)だけではないと思えるようにまではなりました。今までよりサクサクしたライブビューで、AFがスーッと合ってくれて、心地いい速さにまではなっています。

次の07の「Kiss X7 光学ファインダーでの撮影とボディ素材」の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事